2005年02月25日

もったいない

「もったいない」という言葉は世界的に珍しい言葉なんだとか。節約とはまたちょっと違う意味を含んでいるように思うんで、やっぱり珍しいんだろうか?

「まだ使えるモノ」の「まだ」の判断が難しい。ソレ本来のスペックを低下させていても使うことは全て「良い事」とは限らない。著しくデザインを損なっている状態もいかがなモノかと思う。

長年使っていた電気ストーブがある。15年ほど使っていただろうか。途中ニクロム線が切れ、2本のヒーターの内の一本が点かなくなってしまったモノを、自分で修理し使い続けた。まぁ素人修理なので、ニクロム線は何回となく切れ、そのたび修理していた。長年使って愛着が沸いていた事もあるが、まだまだそいつが「生きてる」感じがしてたのも事実だった。

現在はそのストーブともお別れし、部屋では新しいストーブが活躍している。モノを大事に使うという考えを、電気ストーブの明かりを見るたびに思い起こしている。
posted by kaine at 19:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

真面目に道具紹介


20050224f3e18e5a.jpgえ〜
たま〜〜〜〜〜に、やってくる模型関連のお話。

今回は梅皿をご紹介。
まぁ平たく言えば「陶器製のパレット」ってとこでしょうか?主な用途は「ちょこっと塗料を使いたいとき」です。面積が余り広いと溶剤の揮発も大きく、濃度がすぐに変わったりして使いにくい事有りませんか?特にジッポーオイルでスミイレするときなんかは、その揮発性の高さのため通常の塗料皿ではちょっとやりにくいんですよね。今は塗料皿をちょっと傾けて端に塗料を寄せて使ったりしません?(笑 

この梅皿のそれぞれのブロックの大きさがスミイレにはちょうど良いんですよね。汚し塗装時にも何色かそれぞれに用意しつつ、混ぜつつ、行きつ戻りつ・・・・・なんて使い方も便利。もちろん溶きパテを溶くのにも使えますよ。溶剤で洗えば綺麗になりますし、なかなかの使い勝手。模型用なら9cm程度の小さい物で十分。画材店に行けばまず置いてると思います。1枚でも十分ですが、何枚か有ると「使おう!」と思ったときに洗浄から入るという事にはならないかと・・・・・

posted by kaine at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

あるみぼでぇのシブイ奴


200502232f6a989b.jpgツールナイフといえば浮かぶのがここ、「ビクトリノックス」。「ビクトリノックス」といえば赤いハンドルの多目的ツールナイフを思い浮かべる方は多いと思います。でも今回は銀色のアルミボディーがかっこいい、「ソルジャー」をご紹介。内蔵のツールは少なく、当然厚みも薄いです。よって使い心地は普通のフォールディングタイプのナイフに近いです。ナイフ以外には穴を空けるリーマー、缶切り、マイナスドライバー(どっちかというと、缶のフタなんかをこじ開けるような作業に使うことが多いけど)など。それなりの大きさがあるので、使い心地は良好です。大きく重くなりがちなマルチツールナイフですが、コレくらいだと携帯にも便利でポケットやベルトに常備って感じです。(アウトドアフィールドでの話ね)
同じようなツール数では他に「キャンパー」や「トラベラー」等も人気なのですが、やはりこのアルミボディがお気に入りです。お値段も手頃ですし、入門用ツールナイフとしてオススメです。ホームセンターなどで売られている安いヤツはオススメしません。モノがナイフだけに、作りの甘さはそのまま危険度の高さに直結しますから。

posted by kaine at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

浜省の影響では無い


200502221574ac80.jpgもうずっと昔からなんですが、「サングラス」が好きでよくかけてます。だからといって沢山持ってるわけじゃぁ無いんですけどね。基本的に物忘れが多い方なんで、サングラスってよくなくしちゃうんですよ。だから高い物は買わずに2〜3千円のモノを気軽に買って楽しんでました。なくしても心が痛まないようなレベルのヤツという訳です。

ところが何の気無しに入ったメガネ屋で「レイバン」のサングラスに一目惚れ。「どうせなくすから、高いのは買わない。」と決めていたのですが、つい購入。専門店だけに顔の形に合わせて形状を修正してくれます。それだけに抜群のフィット感でした。まさに「かけてることを忘れる」程!。そして更に夜になってびっくり。レンズはかなり濃い色だったにも関わらず、夜でも暗くて見えにくいなんて事がないんです。これはかけた人みんな驚いてました。詳しいことはわかんないですが、不快なまぶしさだけをカットしている感じです。夜にサングラスをかけて車を運転しても全く問題ない視界が得られます。

それ以来「レイバン」のサングラスがお気に入りです。

で・・・・・・・
4つ買いましたが、2コ無くしてます(やっぱり!)

posted by kaine at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

男前


20050220f66c9c42.jpgいやぁ、ようやく復活しました。
食事も普通に出来るようになりましたし。お気遣いのメールなんかも頂きまして、嬉しい限りです。しかし最近になってインフルエンザが猛威をふるってますな。皆さんもお気を付け下さい。

さて、スーパーで見つけたこんなモノ。
その名も「男前豆腐」

・・・・・・え!?

お、男前ってナニ?しかもキャッチコピーが「その心意気が男前」って。う〜ん、そうか豆腐に心意気ねぇ。まぁそれはいいとしても、「水も滴るいい豆腐」ってのはすでにおやじギャグの域やし。なんかHPアドレスがあるみたいですけど、怖くてアクセスしてません。興味のある方はどうぞ。

ちなみに豆腐ステーキにして食べましたが、上手かったです。
まぁなんのかんのいって、けっこう気に入ってたりして。(パッケージが)携帯の待ち受けにしようかなぁ。(バカ)
posted by kaine at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

インフルのばか・・・


200502173a753f88.jpgついに発売、「デビルメイクライ3」!
2がナニだっただけに期待は高まるばかり。Amazonで注文したところ、ちゃんと発売日に届いてちょっと嬉しい。でも、おいらはインフルエンザ(未確定)・・・・やりたい気持ちをぐっと抑えて・・・・・・って抑えなくてもやる元気ないんですけど。

とりあえずボーっとデモ画面を見つめて休養をとるのでした。
あぁ、待ちわびたこのゲームとこんな出会いとは・・・・・
posted by kaine at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

え〜、模型系ブログです!(強調)


20050215a060898e.jpgそろそろ模型ネタも書かないと、ガンプラ好きでメルヘンオタクみたいなイメージがつきそうです。

テク集で更に詳しく取り上げますが、今日は秘密道具をご紹介。模型制作の定番工具のスチール定規に付ける「カーソル」です。ネジで固定できるスライドストッパーですね。これが使い方次第で絶大な効果をもたらします。サークル「ファーストエイジ」内で紹介したところ、メンバー内にたちまち広がりました。コイツをつかって何が出来るかと言いますと、1)プラ板切り出しの精度が上がる。2)部品のセンターにアタリが取れる。3)平行、等間隔のスジボリが掘れる。4)各種ディティール追加のためのアタリが取れる。とにかく使い方次第で抜群に工作精度が上がります。ホームセンターやハンズ等で購入できると思います。勘のイイ方なら大体の使い方はわかるかと思います。

あと、コイツの強い味方が「スコヤ」。
これはホームセンターなら何処でも手にはいると思います。大きいのは普通に売ってますが、小さい方も揃えておくと何かと便利です。プラ板を切り出すときには欠かせない存在です。こういう精度の高い金属ブロックがあると、箱組の時なんかも役に立ちます。(プラセメントではくっつかないし)

で、詳しい使い方はテク集にて!(スマン、まだ出来てないけど)
posted by kaine at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

セカチューはきっと見ない、読まない、関わらない。


200502141ab5599a.jpg世間はバレンタインですな。
模型系ページでありながら、今日はちょっと色恋ごとのお話。
誰かをすごく好きになることありますよね。その恋が上手くいっても行かなくても、最終的には別れがある訳です。でも納得の上にお別れが出来ればいいですが、大抵はそう上手くいかないのが常。

志半ばで終わってしまった恋心ってどこに行っちゃうんでしょう?

恋愛中ってすごくパワフルだと思いません?ああいう時のパワーってスゴイです。あのパワーを仕事に!とか勉強に!とかは当人以外が思うことですな。あれだけのパワーを持っていたものは、何か別のモノに変わるんでしょうか?でないとエネルギー保存の法則が・・・・(学生はマジにとらないように)やっぱり次の恋の糧となるんでしょうか?でもバネとして弾みをつけられるならイイですけど、脚を引っ張るときもしばしば。(若干こっちの方が多いな)

さて、昨年は「セカチュー」ブームが吹き荒れたわけですが、見ておりません。白血病ではなかったけど、似たような経験してたら痛すぎて見れませんて。あれって、やっぱり感動の涙が流れるの?それとも可哀想な境遇に自分を重ねて泣くの?う〜ん、人が死ぬのは悲しいことです。当たり前です。安易にその「悲しみ」を使って欲しくないですね。(あらすじしか知らないんで、失礼な発言でしたらお許しを)

さて、画像ですが浜田省吾のアルバムのジャケットです。なんかこの写真がすごく好きです。今回のネタで浮かんだイメージにぴったりだったので採用しました。
posted by kaine at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

給油口いいですかーってイイの?

今朝、ガソリンスタンドで店のお兄ちゃんが大きな声で叫んでました。
「給油口いいですかー。」
給油に来たのは初老の男性。聞こえないのか給油口が空く様子もないので、お兄ちゃんは繰り返します。
「給油口いいですかー(怒)」

そこでちょっと考える。
「給油口いいですか」って言葉としてどうなの?いや、意味はわかるけど、万人にわかる使い方かどうかは疑問。正確には「給油口を開けて頂けますか?」ですね。
ひょっとしたら「給油濃いですかー」とか「牛乳来いですかー」とか「急に来いですかー」とか聞こえちゃってたかもしれない。

あ、今日は若者言葉を否定しようってわけじゃないです。
色んな専門用語とか独特の略語って、その世界特有にあるじゃないですか。でもそこのいる人の中では「共通語」になってるんで、当たり前に使う言葉なんですよ。この言葉を外の人に使っちゃうと大変。通じないだけならまだしも、違う意味にとられると大変。

で、それに関連した薬局での一コマ。
初回の患者さんには色々と問診します。現在飲んでいる薬の有無や、アレルギー歴はもちろん、嗜好品(酒、タバコ、コーヒーなど)の摂取状況なども訊きます。ある方にいつも通り「併用薬」「アレルギー歴」「酒」「たばこ」まで訊いてから、「コーヒーなど飲まれますか?」と訊いた訳です。すると患者さん言いました。

「けっこうです」(キッパリ)

・・・・・・・
い、いや、コーヒーを勧めてるんじゃないから。
ここでは「普段からコーヒーなどをよく飲まれますか?」が正解。でも話の流れからするとわかりそうなもの。と、思ってしまったのはこちらの思いこみ。言葉の使い方って難しい。しかしこの対応してる時に笑わないようにするのが大変でした。他の薬剤師は陰に隠れて崩れ落ちてましたが・・・・・


あ、モデラー諸氏に警告。
一般の人に「瞬着」って言っても通じないんで注意ね。
posted by kaine at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

ゆく川の流れは絶えずして・・・


20050212f7929db7.jpg滝が好きです。
あと川や海も見てるだけでしばらく過ごせます。要するに「動いてる水」が好きなんですな。特に川は良いです。キャンプ地なんかに川があると、川の流れを見ながら思いを巡らせます。

キャンプには主に「何もしない」をしに行きます。(変やね、コレ)料理に凝るのもいいんですが、比較的簡単なモノで、「何もしない」をします。周りの植物の葉の形をじっくり比べてみたり、虫をルーペで観察したり、だんだん暗くなる空を見たり・・・・・普段は気にも留めない小さな世界や変化を感じる事で、自分に降りかかる色々な問題や変化も「ある程度は仕方ない」とか思えてくるんで不思議です。

方丈記の「ゆく川の流れはたえずして、しかも元の水にあらず。」という無常観を謳う節が好きです。無常だからこそ無意に過ごしたく無いと思います。「暇」なんて感じたことはここ10年ほど感じたことが無いです。充実した生活ってわけじゃないですが、やることはいっぱいで大変な位です。こういうのも幸せっていうんでしょうかね?

なんか今日は堅いなぁ。
とりあえず今月は「デビルメイクライ3」がでるんで、それに必死予定!
posted by kaine at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

これもナイフ?


20050211ccb09a33.jpgこれはかなりの変わり者です。どうみても鍵なんですが、分類はミニツールナイフです。ハーフセレーションのブレードとプラス、マイナスのドライバー、栓抜き等として使えます。まぁ各ツールの出来は今ひとつですが、この収納時のスタイリングが最高です。キーケースに入っていれば、何かと役に立つことも!・・・・・

いや、あんまり無い。

いいんです、コイツの存在価値はそこじゃ無いから。しかし名前「ユーティリキー」ってのが若干シャレっぽいのね、コレ。

posted by kaine at 17:37| Comment(1) | TrackBack(2) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

過去って恥ずかしい・・・


200502105ddcbcad.jpg今日はちょっと恥部を晒してみましょう。
いやぁ、昔に作ったヤツって恥ずかしいねぇ。当時は持てる技術の全てを使って作ったんやけどなぁ・・・・ZZ放映当時の新井智之氏がMG誌で制作した作例を参考にしてます。この作例のRジャジャってすっげーカッコイイです。制作記時もイラストが多用されていてとてもわかりやすかったです。

しかしコレ、今見るとツライツライ。やっぱり仕上げがダメダメね。プロポーションの処理とかは今見ても好きなんやけど、各部のディティールの処理が今とは全然違う。こいつの胸(一番手間がかかった)を使って、もう一回作ろうかなぁ・・・・今ならもう少しマシに作れるはず。

昨今のマテリアル類の充実は著しいですね。ポリキャップやボールジョイントはサイズや形状が選り取り見取り。バーニアやスラスターなんて作らなくて良いんですよ。もうツヅミ弾を使わなくていいんです。色を塗って剥げたとか言わなくていいんです。(これ知ってる人同世代ね)ただ気を付けたいのはこれらのパーツも「素材」であることを忘れないようにすること。サイズや形状が自分の描くモノと違うときには、形状修正や自作も必要です

あぁ・・・・でもコイツ塗装もひでぇなぁ。
posted by kaine at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

夕暮れ


20050209c47738f0.jpg基本的に雑記なんで、今日はちょっと趣向を変えてみました。
風景写真ってあんまり撮らないんですが、たまたまカメラを持っていたときに目にした夕暮れに心を動かされシャッターを切りました。夕暮れって短時間の内にめまぐるしく色が変わります。もうちょっと青が強い方が好きなんですが、この絶妙なオレンジともピンクとも言える色もなかなか良いもんだなと。ちなみに浜田省吾の唄に「夕暮れの青が舞い降り・・・」という下りがあるんですが、「舞い降りる」って表現は実に的を射てるとおもいませんか?

写真に詳しいわけではないんで、構図や露出やその他諸々の難しいことはわかんないんです。でも今もこの写真を見ると、コレを撮ったときの「ぼーっと遠くを見ていたくなる感じ」が蘇ってきます。

模型を真剣に作るようになってから、「色」の見方が変わったなぁ・・・・
posted by kaine at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

パチ組みも、また楽し・・・


200502051dbdc8b1.jpg実はすごく久しぶりの仮組です。
思えば昨年の「プラモつくろう」から今回のディジェまで、ずっと「追われて作る」状態が続いてましたから・・・・特に追われることなくパチパチ組むことの楽しさを再認識しました。「あぁ〜、やっぱプラモ好きなんやなぁ」と実感しました。

現在手元にはかなりの在庫があります。もちろん全部完成なんて出来ないと思います。でも組み立てくらいはしたいです。ただ組むだけでも、そこから得られるものがありますから。とか書いてる時点で追われてるのかも!?いかんなぁ、純粋に楽しまねば!

ところでこの「マラサイ」を使って、わがサークル「firstAge」恒例のコンペ「カラコン」が行われるはず。この「カラコン」、カラーリングバリエーションだけで遊ぼうという企画。第一回はジム、第2回はザク、第三回はゲルググかマラサイが出たらやね、と言っていたらマラサイが出ちゃった。
おそらく「オラがマラサイは世界一!」と「カラーリングコンペ」を足して略して「オラマラコン」とかタイトル付いちゃうんだろうなぁ・・・・
posted by kaine at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

マルチツール


20050204def74a2b.jpg最初に購入したマルチツールをご紹介。
「BUCK」の「バックツール」です。
比較的初期のツールナイフですが、その独特の展開方法と握ったときに手が痛くない点が革新的でした。あと最近でこそ当たり前になりつつありますが、各ツールが展開状態で全てロックがかかるようになってます。
ブレードはハーフセレーションとセレーションの2本。片方がセレーションならもう一方をハーフにするってどうなんでしょ?
まぁいちいち切り替えずに使い方を変えれるハーフセレーションは便利ともいえますけどね。(研ぎにくいけど)これの小さいタイプ「ミニバックツール」も販売されてますが、まだ持ってません。こちらも評判は良いようです。

ホームセンターなどで似たようなモノが1000円前後で売られていますが、形だけをマネたやつとは作りが違います。特にプライヤのように力がかかるものや、刃物などの道具は信頼できるモノがいいです。
posted by kaine at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予定って大事

ライター家業と切っても切れないのは「締め切り」です。
設定された期間から作業可能時間を割り出して、施す作業量を見極めます。これでミスると修羅場になります。(いや、マジでシャレになんない)ライター業に限らずコンテストやコンペ等も「締め切り」が存在しますから、締め切り間際の修羅場を経験することは一般の方でもあるでしょうね。
今回はおいらのスケジュールの立て方をご紹介します。基本的には逆算していきます。まず締め切り日の前日は発送ですね。その前日はクリア吹き。更に前日はスミイレやデカール貼り。その他必要な作業は作品によって違いますが、このように遡っていきます。基本塗装終了後に3〜4日間を考えておきます。更に塗装に一週間、表面処理に1週間を設定します。制作開始日からこの日までが作業期間となります。制作期間が1ヶ月だと、工作にかけられる時間は2週間が最大です。

そして工作期間中はもっと細かく予定を組みます。あまり根拠の無い予定ですが、1日ごとにノルマ作業を設定します。この時に「休日」はフリーにしておきます。基本的に見積もった時間よりも手こずるのが普通ですので、予定は遅れがちになります。それを「休日」に補正するようにしてます。まぁコレでも遅れちゃうんですけどね。手の早さは一朝一夕に早くなるもんじゃないですから、「間に合わせる」を最優先に考えると、こういう作り方になります。

ご参考になりましたでしょうか?
posted by kaine at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

キュベ制作記


20050202e1b9fb76.jpg制作記もそろそろ・・・・
ず〜っと制作が止まっていたキュベレイです。リニュ前に公開していた状態よりは進んでます。やはり胴体周りのバランスがおかしいかと。胴体はもっと「いくつかのユニット」で構成されたふうにするのが雰囲気です。まず胴体はサイドブロックを切り離し、少し下に下げます。サイドを下に下げると言うよりはセンターを上に上げるのが目的。でもサイドを下に落としたのはウエストが少し長く感じたため。要するに、「胴を短くする」と「胸を上に上げる」作業を、「サイドブロックを下に下げる」という手段で果たしたわけです。

正直言って、現時点では格好良くないですね。これから肩の位置を少し上に上げ、腕の付き位置を少し外に。(Sガンみたいな付き位置ね)脚は太股を軸位置の変更と延長で長さを稼ぎ、膝アーマーを少し上に上げることで、結果としてスネの長さを稼ごうと思います。あと足首は軸位置を前に移動して、長く見えるようにします。

実際のサイズ変更ではなく、「干渉する部分を弄ることで目的とする効果を得る」という事をよくします。安易な延長や幅詰めはそのラインを大きく崩してしまう作業です。そういう部分に迂闊に手を出すと「長くなったけどナンカ変」って事に陥ることがあります。

今回は主に作業効率の問題でしたけどね。
2箇所作業するより1箇所で済むなら楽だし、ラインの複雑なスネのパーツを長くするよりは、太股で調節する方が簡単ですからね。
posted by kaine at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。