2005年05月24日

まだまだ修行中


20050524fbbc05c5.jpg確かに投稿したはずなのに、アップされてませんでした。
どんな文章書いたか忘れちゃった。
スネ裏のスラスター(?)を彫り込んでます。こういうのの積み重ねが完成度を上げると思っています。でも完成したらほとんど見えませんし、これが作例だったらまずやりません。(手抜きとは違う)スミイレがキレイに出来るように軽く彫ることはしますけどね。

今回のは完全に「修行」に近くなっちゃってます。完成品が少ないのにこんなことやってちゃますます・・・・・
ですが、まだまだ修行中の身なのです。
posted by kaine at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

進まず・・・


20050523812ef82f.jpg遅々として進まずです・・・・・

キュベレイって白い装甲表面にはあまりディティールって似合わない気がするんですよ。生物的な印象を与えている部分だからなんでしょうね。でもあくまでMSです。メカですよ、メカ!(なんかメカって響きが懐かしい)なのでそれ以外の部分でメカらしさを演出していきます。

脇のディティールは本来凹モールドなんですが、キットのモールドは余りにもいい加減だったので埋めてしまいました。彫り治すつもりだったんですが、仕込んだボールジョイントを少し隠す目的でリング上のパーツが必要になり、それに伴い凸モールドでそれらしく再現しました。ちなみにリング状のパーツはエバグリのプラパイプ12.8mmのヤツを旋盤加工で削りだしたものです。横っちょの羽はパソコンを使ってのデジタルモデリングです。

あとは段落ちモールドやベアリング玉埋め込みなんかでおしゃれしてます。ベアリング玉はハンズなどで購入できます。埋め込みのポイントは埋め込みの穴に面取りをすること。1mmの穴を開けて、更に1.5mmのドリルで開けた穴に少しだけ面取りをします。これだけでより自然に玉が馴染みます。あ、でも順番は逆の方がキレイに仕上がったりするんですよ。(知ってた?)1.5で軽く面取りしてから中心に1mmで穴を開けるって事ね。小さい穴をソレよりも大きな径のドリルで開けるときに、食い込みすぎてえぐっちゃったことってあるでしょ!?それが防げるのですよ。
posted by kaine at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

勝手にレビュー


20050520f57733e4.jpgしかしオレンジの機体で戦場にでるってのは勇気がいるんではないでしょうか?(ただのバカ?)

ハイネは近年のアニメキャラではトダカ一佐についで好きなキャラだったりします。グフは今ひとつ活躍しきれていないきもしますが、立体物が欲しくなったのでコイツを購入。サクッと仮組みしてみました。

たぶん作りませんが(オイ!)おいらならこうするってポイントを。
ウエストは1〜1.5mm詰め。
胸ブロックはパーツ底面に1mm貼り足して、前に出す。(下のブロックともう少し段差を付ける)
前腕の切り欠きは埋めて、軸位置変更と2重関節化で可動範囲確保。
腿は合わせ目で1mm幅増し、前後にもカットして2mm幅増し。
スネは膝関節の近くでカット、2〜3mm延長、合わせ目で1.5mm幅増し。
膝のとんがりアーマー一旦切り離し、ボリュームアップ後再接着。
膝関節ブロックは左右に0.5mm貼り付けで太く。

と、プロポーションに関してはこんな物でしょうか?

あとはディティールなどはお好みで。
やっぱりお約束として、ひさしは目深に目つきを悪くするんでしょうか?(W

あ、作りませんよ。(た、たぶん・・・・)
posted by kaine at 18:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

あ、でもこの服だとザクヲが正解か。


20050519fa463a03.jpg体調が悪いせいか、ビール一杯と日本酒1合で撃沈です・・・・・
いやぁ、久しぶりに吐いちゃった。

最近のおまけというか、彩色済みフィギアって出来がいいのね。まぁ本当にフィギア作ってる人からすると大したことないんでしょうけど、メカモデラーの目からすれば十分です。MGに付いていたフィギアを塗装しようなんて全く思ったことのないおいらですが、最近はキャラフィギアとその機体を一緒にそろえて写真に収めたいって思うようになりました。

で、以前から狙っていたアスランをゲットしました。
とうぜん機体はセイバー!あ、でも早くしないと1/100がでちゃったりする?!しかしこのキット、気にならないと言えば全く弄る必要のない好キットだとおもうのですが、いかがでしょう?若干のアレンジとディティールの追加で遊んじゃえ!って計画など立てております。(立ててるだけだってば)
posted by kaine at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

モチベーションの維持


20050518651177d1.jpg一つの模型を完成させるまで、他のヤツに浮気しない人もいますが、おいらはダメです・・・・・
どうしても面倒くさい作業になると、他のヤツに移り気しちゃいます。だって工作は好きですが、表面処理って嫌いなんで・・・・
こういう時のモチベーションの維持ってどうしてます?やっぱり面倒くさいながらも再び「仮組み」することでしょうか?こうして仕上がりを想像すると、またやる気が出てきます。(少しだけね、ほんの少し)こうやってブログにアップするのもモチベーションの維持に役立ってる気がします。

さて実際の進行状態ですが、昨日今日と体調が悪かったせいもあり、あまり進んでません。田宮の瓶サフを筆塗りにて、段差、傷のチェックです。テク集にて流し込み接着剤で溶きパテを作る方法をご紹介していますが、あまり厚塗りする必要がなく、表面のチェックをするもくてきであれば、瓶サフそのままをオススメします。溶剤分が強すぎる溶きパテは、プラを侵すことをお忘れ無く。特に異素材の所に塗りすぎると(緩く溶きすぎたのはもっと危険)返って段差が目立つときがあります。
posted by kaine at 02:13| Comment(1) | TrackBack(1) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

D-UPパーツ


200505163d169bf9.jpgウェーブから「バーニアパーツ」が出たときには、こりゃ良い時代になったモンだと、ツヅミ弾を使っていた世代には夢のような話だった訳ですよ。
ところが現在のディティールアップパーツの充実といったらスゴイものがあります。おいらにとっても模型制作には欠かせないアイテムとなっております。しかしながら、形状やサイズのバリエーションが豊富と言うこともあり、そのアイテム点数たるや、かなりの種類となってます。またワンシートに含まれる同一形状の物の数が決まっているので、同一商品もついつい買い足して増えていきます。すると管理が大変なんですよね。大きめの箱とかに入れておくと、目に付いたヤツから使っちゃうから、使い差しのランナーがどんどん増えちゃう。

で、この度整理してみました。やはりショップ風に壁掛けにするのが一番わかりやすいと思ったので、100均にて必要な物を揃えて作ってみました。総額600円です。これでどのランナーがどれだけあるか一目瞭然!無駄な買い足しも控えられそうです。しかしまだ整理し切れていない分があるんで、もう一面同じ物を作ると思います。みなさんどうやって整理してますか?

ちなみに今回の整理で発覚した事実。
コトブキヤのP106の丸モールドがなんと10シートも有りました(W。
posted by kaine at 01:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

あぁ・・・まだあった。


20050514487d73a1.jpg完全に忘れてました。
コイツのこと・・・・・
軟質樹脂のうえに、酷い形状な方のリブモールドです。成形しにくい上に、スジボリを入れるとどうしても毛羽立ちが気になります。冷凍してから削るとかの方法もあるんですが、やっぱりシャープさを求めるとなると・・・・・・プラ材からの作り起こしとかも考えましたが、良い制作方法が浮かびませんでした。で、結局キャストで置換することにしました。

このような小さな部品の場合、塗料皿を使ってシリコンの型枠としてしまいます。写真は底面に両面テープキットのパーツを貼り付けた物です。パーツにもう少し高さがあるときには、紙コップでもOKです。意外と簡単なんで、複製初心者はここから初めてもいいかと思います。
posted by kaine at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

君の名をよぶ


20050513f02233eb.jpgさて、久しぶりに浜田省吾のコンサートツアーが始まります。大体3年に一回くらいのツアーですかね。ただでさえテレビには出ない人なので、コンサートはかなり貴重なのです。

ジャケットは浜田省吾のシングル「君の名をよぶ」です。
歌詞に惹かれる事の多い省吾の曲の中でも、その巧みさが際だつ曲だと思っています。
サビの「黄昏に 真夜中に 明け方の空に 歌うように君の名を呼ぶ」にはもう脱帽。「一晩中ずっと・・・・」を表すためにこの言葉を選択した訳です。一言で「一晩中」と言ってしまうよりも、「長い夜をずっとずっと・・・・」という感じが強調されてます。数ある省吾の曲の中でも好きな作品の一つです。

あぁ・・・・チケット取れるかなぁ・・・・
posted by kaine at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

ニューツール


2005051173747b03.jpgさて、今日は便利(?)アイテムのご紹介です。模型制作に刃物は欠かせません。カッターの刃であればどんどん次の換え刃にすればいいんですが、自家製のノミや彫刻刀はそうは行きません。切れ味が悪くなれば研がなければなりません。今まではオイルストーンとか使用して研いでましたが、こんな物を手に入れました。

ダイヤモンドを表面に電着した砥石です。サイズは2.5cmX5cmです。よくあるダイヤモンドヤスリとは目の細かさが違います。さわった感じでは1000番から1200番手といったところです。これに軽〜く刃を撫でつけること2〜3回。見事に切れ味が復活します。目が細かいので繊細な切れ味が必要なデザインナイフの刃も切れ味が復活します。新しい刃に換えるよりも楽です。なんか理想の砥石に出会えたって感じです。

さて、刃物を「研ぐ」というのは再度刃を付ける作業といえます。この場合はしっかりと角度を付けて刃を再生する訳です。しかし今回の砥石の使い方は切れ味のポイントとなるエッジ部分だけを簡易的に再生して切れ味を回復させる「タッチアップ」という方法です。数回は何とかなりますが、最終的にはしっかりした手順で研ぎ直す必要があります。

ちなみにコイツのお値段は1000円程度でした。
posted by kaine at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだ残ってました。


200505117f6dfa07.jpgまだ面倒くさい所が残ってました。
ふだん足裏のモールドとか全く気にしないんですが、浮かした状態がメインとも言えるキュベレイですから、何とかしない訳にも行きません。キットにはすでにモールドがありますが、合わせ目がガツンとセンターにある以上このままじゃ使えません。結局削り取ってプラ板での新造となりました。方法はいつものデジタルモデリング。キットの状態の足裏をスキャナーでスキャンし、それをアタリとして図面を作成。紙に印刷してプラ板に貼り付け切り出しました。せっかくなんで、もう少し凝ったディティールにしようと思ってます。

posted by kaine at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

わ、わかるかなぁ?


2005050971420d45.jpg前腕の後ハメ化も終了し、進めていくは表面処理。
でもまたやっかいなモールドが・・・・・
前腕の縁に存在する縫い目のようなディティールがあります。抜きの関係で合わせ目付近のモールドが非常に甘くなってます。この太さからすると「スリット」として考える方が良いんでしょうか?と言う訳で、全体的に彫り込んでみました。テク集でも紹介しました「あまめのケガキ針」で軽く彫ってからPカッターで彫り込みました。合わせ目付近のモールドはほとんど溝とは言えないほど浅いので、精密ノミで少し彫り込んだ後、他のモールドと同じ処理をしてます。この段階では溝がV字に凹んだ状態なので、リューターにて底面と壁面が出来るように彫り込みます。左が処理後、右が処理前ですが、写真ではわかりませんね。

今回の作業は雑誌やWEB上ではほとんど判らない作業ですが、実物にはキッチリと影響を与える部分だと思ってます。(そう思いたいだけとも言う)
posted by kaine at 21:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結局後ハメ


200505096570051a.jpg結局前腕は後ハメ可しました。
強度の問題とかも考えると、マスキングがベストだと判断したのですが、強度的にはあまり問題無さそうです。(がっちり接着できそうってこと)写真の位置でカットし、下半分のパーツは元のダボを使って後ハメ加工してます。上半分は固定された下半分に接着という形をとります。一応接着面積を稼ぐために「ダボ」として2mmの角棒を接着してます。これで面倒だったパーツの一つが解決しました。表面処理はまだまだ続くが、少し先が見えてきたんで、がんばります。
posted by kaine at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

背中ごしにセンチメンタル


20050506f70cf2f6.jpgなんでも20周年なんだそうな。
そっか〜、そんなになるんかぁ〜。このメガゾーン23と言う作品は、おいらのお気に入りの1作です。当時マクロスのスタッフが集結!みたいなノリで宣伝とかされてました。とうぜん劇場にも見に行きました。(しかも宮里久美の舞台挨拶付き)その後ビデオも購入し、大変入れ込んだ作品でした。当時から模型にもどっぷり浸かっていましたので、当然「ガーランド」の制作に乗り出しました。が・・・・当時それほどの技術力などあるはずもなく、立体化への路は断念したのでした。

先日ふとメガゾーン23が見たくなり、検索をかけたところDVDが発売中とのこと。お!これは即購入せねば!と思ったのですが、発売したのは2000年。在庫も無く、オークションで手に入れるしか無い状態でした。

ところがこの度の「プチオフ」にてとうしろうさんより「最近出たみたいですよ」との情報をゲット。すぐさま検索。(いやほんとにすぐだった。だってとうしろうさんの目の前でだった)そして今年の4月に再販されたとの情報が!そしてすぐさまAmazoneへ!そして1〜3をその場で注文したのでした。

おそらく明日、明後日には届くと思われます。
しかしガーランドの立体が欲しいなぁ・・・・・
やまとの完全変形ガーランドってどうなったんでしょ?(誰かしりません?)
今ならスクラッチ出来るかなぁ。
posted by kaine at 00:25| Comment(5) | TrackBack(1) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

作業?今日はそれどころじゃないんだよ。

大型連休などと無縁なおいらですが、今日は一日中部屋の片づけに明け暮れました。
というのも、めちゃくちゃ小規模なオフ会があるんです。しかもウチで。しかも泊まりで。メンバーはとりあえず今は伏せておきます。ちなみにおいらを入れて3人です。(プチつうか、ミニつうか、会っていうのかも怪しい人数だな)ネットを通じて知り合ったモデラーさん達と合う機会はしばしばあったのですが、まぁ夜の飲み会の席でって感じがほとんどです。交流は深まりましたが、技術交流となるとちょっと難しいってのが本音です。なので今回は「ガッツリ技術交流オフ」って事ですな。他人の使う道具や手法なんかを生で見られるのは本当に参考になるものです。これでお互いに切磋琢磨できたらいいなぁと思ってます。

あ、早く片づけないと・・・・・(客でも来ないと片づかないままなんで、あえてウチを提供したんですけどね)
posted by kaine at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

こんな事にも使ってます


20050501636b0e6d.jpg今日はろくに作業もせず寝てしまい、さっき目が覚めました。で、HPのアクセス解析を見るとなにやらこの時間帯にも関わらず、大量のアクセスがありました。どうもネットモデラーでは超有名な「mat」氏のサイトにリンクを張って頂いたようです。そこでのリンクメンバーがまた強者ぞろいでして、この中に列挙されているのは非常に誇らしい事でした。うん、来てくれた方の期待を裏切らないようにせねば!

はい、でも今日はほとんど作業できてませんので更新のネタがありません!(イキナリダメダメ)

そこで無理矢理ネタを考えました。合わせ目の処理に瞬着をよく使ってます。しかしこの瞬着は硬化しますとスチロール樹脂よりも堅く、ペーパーだけで処理するとなると難しいものです。どうしても瞬着部分が盛り上がり気味になります。こういうところはある程度の切削力が望める鉄ヤスリなんかでまず処理をしますが、おいらはより細かい作業の出来るリューターを使います。合わせ目消しごときにリューターって気がしないでも無いですが、慣れると非常に楽で仕上がりもキレイです。持っている方は一度お試しを。

あ、当然ペーパーの処理はいりますよ。
posted by kaine at 02:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。