2005年07月31日

グレーになりました


20050731df65ef3f.jpgグレーになりました。
慣れないうちは、クリアーで少し塗料を割っておくとやりやすいです。






posted by kaine at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tiger!


20050731e0379ce6.jpgそう!虎柄!(いや、ウソです)

いつものMDプリンタによる自作デカールです。
今からこれをグレー化します。
やはり特色でリボンを作らない限りキレイなグレーを再現するのは無理みたいなので、白のオーバーコートによるグレー化を行います。写真が黒で印刷したデカールを貼ったところです。グレー化の結果はまた後ほど。

posted by kaine at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

エナメルもブラシで2


200507305be8f991.jpgう〜ん、体調不良のためなかなか集中して作業ができず、なかなか進んでおりません。

さて、意外とエナメルのブラシ吹きが好評だったので、追加です。今回はバーニアの中を塗り分けてみました。シルバーで全体塗装後、赤をエナメルでブラシ吹き。
その後中央のモールド部分を綿棒でクルリと拭き取ればアラ不思議!まるでメタルビーズを埋め込んだようじゃ無いですか!?(ハイ、言い過ぎです)中央にフラットブラックを落として完成。塗装のみでバーニアの複雑さが演出出来たのではないでしょうか?

こういった細かく入り組んだパーツは適当でいいので、拭き取りにくくなりそうな所はマスキングゾルなんかで保護しておいた方がいいです。(今回はボーッとして、マスキングしなかったのは内緒だ)
posted by kaine at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

エナメルだってブラシで


20050728daf1e6cf.jpg相変わらず色々と忙しかったり、熱出したり(また!?)、今日もフラフラしながら更新しております。
あ、でも大丈夫ですのでご心配なく。

さて、エナメル系塗料をブラシで塗装したことありますか?こういった奥まった所を塗り分けるときなど非常に便利です。ラッカー塗装した上に、大まかにマスキングをしてブラシでエナメルを吹きます。はみだしは溶剤で拭き取ればOK。スミイレを拭き取る要領ですから、簡単です。左が拭き取り後、右が吹いた直後です。かなりニードルを絞って細吹きでしあげてますので、あんまりはみ出してないようにみえますけどね。アーマー裏とかは筆塗りでもいいですが、こうやってブラシで吹いちゃうのも一つの手です。

ただ一つ注意点!
下地がラッカーでもつや消しだとダメ。拭き取っても滲んでしまってきれいに拭き取れません。半艶以上、もしくはクリアを吹いてからやってください。
posted by kaine at 21:13| Comment(1) | TrackBack(1) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

基本塗装終了


200507253a869302.jpgさて、基本塗装が終わりました。
こういうオリジナルカラーリングって、塗ってから似合わないって事が結構あるんですよね。
色味とかはテストピースで確認するし、大体の配色はパソコン上でシュミレートしてるんですけど、やっぱり塗ってから組み合わせてみないと分かんないことが多いです。
そのパーツの形状や面積比なんかもかなり影響しますから。
今回もかなり胸や前腕、足底の濃いブルーの色味がちょっと微妙だったんですが、まぁOKかなと。
まだスミイレも何もしてない状態ですから違和感はありますが、これからが腕の見せ所!
今週中には上がるかな。

(レイバーに似てるとか思っても言わないように)
posted by kaine at 21:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

行ってきました


200507242d2c1dfa.jpgさて、この土日に何をしていたかと言いますと、MAX渡辺氏の自宅に遊びに行ってきました。
今回はおいらが作る料理を食べて頂くという企画で、食材やら調理器具やら調味料やらを持ち込んで、ケータリングサービスのようでした。
ちなみにメニューまで用意して、その中から選択して頂いて、それを作るというスタイルです。

で、これがメニュー
トマトのブルスケッタ
タコと貝柱の冷製パスタ
アンチョビとキャベツのパスタ
アマトリチャーナ
カルボナーラ生ハム添え
アスパラのクリームチーズソースペンネ
アスパラのリゾット
梅リゾット
スパニッシュオムレツ
ベーコンとほうれん草のパスタ

うん、ほとんどパスタ(W
いやそれが今回のメインやから、いいのよ。

で、料理を食べつつ・・・・
酒を飲みつつ・・・・・(25年物のウイスキーって初めて飲んだ)
めずらしく模型の話をしつつ・・・(実はあまり模型の話はしない)
途中で花火などしつつ・・・・
立体パズルに興じつつ・・・・(写真のヤツ。はまる!)
小腹が減ればつまみなど作りつつ・・・・
気が付けば3時半でそのまま爆睡。

なんであんまり模型の話をしないかというと、「コワイから」かな。
こと模型のことになると、あまりのレベルの違いに打ちのめされるんよね。



posted by kaine at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

わがまま

やっぱり制作記時みたいな物を求められていることをひしひしと感じる訳でして・・・
ですが、タイトル通り戯れ言などを交えつつやっていきます!(言い切り)
正直いって「サフ吹き準備に枝つけました」で次が「サフ吹きました(同じ絵で色がグレーになってる)」って記事書いてもしょうがないっしょ?

先日見つけた看板に「わがまま餃子」という文字が。
わがまま餃子?
誰が?客が?餃子が?(いや、それは無い)、そうか店主がか!
「今日の餃子はヘルシー餃子。肉無しね」とか
「今日の餃子はセルフサービスね。皮と餡置いてっから」とか言っちゃうんだろうか?

そうに違いない!

たまに日替わりの具材を使う料理で「シェフの気まぐれ〜」ってメニューがあるじゃないっすか。あの「気まぐれ」っていっても全然気まぐれじゃ無かったりすると思うんですけど。
「今日は何ですか?」って訊くと店員が答えちゃったりするし。
それ、「日替わり」って言うのとちゃいますの?
「気まぐれ」ってくらいやから、「何ですか」って訊いたら「さぁ〜?なにせシェフの気まぐれですから」位の応答が面白いと思うのは変?
どうせなら頼むたびに違う物が出てくるくらい「気まぐれ」であってほしい。

「わがまま」とか「気まぐれ」とか「思いつき」とかあんまり良い意味の単語じゃないよなぁ。
なんかこう、もっと良い表現ないもんかね。
posted by kaine at 21:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

サフ吹き


20050719f21d8bbc.jpgバズを持ったマラサイとは別のマラサイです。(ややこしい)
カラーリング変更のみの一体目ですね。サフ吹きのために枝付けしました。

基本的に枝付けは3mmプラ棒に目玉クリップを取り付けた物と、同じく3mmプラ棒にガムテープを巻き付けた物を使います。かつてMGを3体同時に塗装したことがあるんで、その時に枝は大量に作りました。ベースもその時に作った物です。こういうのって発泡スチロールとか使ってる人が多いんですよね!?おいらはホームセンターで見つけた端材にドリルで穴を開けた物を使ってます。同じ物が3枚用意してあります。(これでも足りなかったけど)コイツの良いところは立てかけて置いておけるところです。ある程度の重さがあるが故の使い方でしょうね。一度作ればまず一生物ですし、収納もかさばらないので便利ですよ。
posted by kaine at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

抱え込んでます


2005071573923e96.jpgグリップ付けました。
右側は抱え込んでホールドした時に握るような位置につけました。
少し回転するので、角度の調節はできます。
左は一般的な折りたたみタイプのグリップね。
2機同時は時間配分が難しいなぁ・・・・・
posted by kaine at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

基本形


20050712d40127af.jpg形になりました。
これが基本形で、今から各種ディティールを始め、グリップなどが付きます。
あとバックパックに懸架できるようにする予定です。
いやぁ、こういう物が作れるのもエバグリあってのものですな。
posted by kaine at 04:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

ヤメときゃ良かった。


20050711b18df420.jpg切り出し中。
こんなデザイン止めときゃ良かった。
posted by kaine at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次はこんなんです。


20050711995a144d.gifとりあえず図面を引きます。
図面といっても大体のイメージを決めてから、サイズの割り出しに使うためのもので、いわゆる設定画とかデザイン画ほど完成された絵ではありません。全長は13cmに設定。今回意識したポイントはバレル下部のトラスト構造から覗くシリンダー状のメカ部品です。こういう内部機構を意識させるデザインってスキなんです。これをプラ板に転写して制作します。さぁどこまで出来るのか???また更新します。
posted by kaine at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

マラサイ2体目


200507100d823cac.jpg色々と途中になっているのですが、サークルの企画として開催予定のコンペ「カラコン」用のマラサイを作らねばなりません。サークルといえども、あまりイベントが有りませんから、こういうときは張り切らねばなりません。とはいえ、〆は7月末という・・・・・
あぁ、しかも2体ですか?
カラコンについてはサークル「firstAge」のHPをご覧下さい。
http://www.geocities.jp/firstage_2/

さて、こいつは改造OK部門用のマラサイです。(塗装変え用は表面処理中)
改造はOKですが、「色はマラサイ色」とのレギュレーションなので、兵装バリエーションをメインに考えて作業します。となると、やはり長物をもたせるのがわかりやすいので、そのように(W
前腕はハイザックにするかもしれません。モデグラ風って訳じゃないんですが、武器を構えるのに前腕の装甲が邪魔なんですよね。切りつめちゃうよりも、換装しちゃった方がらしいかと思うんですがどうでしょう?
現在頭の中ではプランがほぼまとまりましたので、あとは作業するのみです。
さぁ、間に合うのか俺!?
posted by kaine at 16:15| Comment(1) | TrackBack(2) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

説明しよう!


20050708f64af447.gifなんか自分の中では普通の工作なんですが、意外とウケてるんでしょうか?(現在n=2ですけど)せっかくなんで詳しく解説します。

キットの首基部を切り離して、中のピンをくり抜きます。そこにコトブキヤの がぴったりサイズで収まります。ポリパーツの固定ですが、セメダインPPXを使えば可能です。ホームセンターにて購入できますので、1つ持っておくと便利です。瞬着は添付のもので無くても可。重要なのはプライマーですから。

ここにボールジョンとを仕込むことにより、キットのものと合わせてダブルボールジョイントになる訳です。しかしながらこの工作によって広い可動範囲を得ても、襟との干渉で思うように動かないんですよね。そこで引き出し式にしてます。これなら必要に応じて首の長さが変えられるので、ボージングに幅がでます。やり方は簡単。軸を切らずに長めに残してあるだけです。ポイントは固定用のプラ板はなるべく厚めの物を使うことと、軸がブレないようにガイドのような(今回はモビルパイプ)物を付けることでしょうか。

書くボールと軸には少量のグリスを塗ってあります。頭はそれほど重くない(普通はね)ので、保持力はそれほど必要ないです。それよりも微妙な角度調節がスムーズに出来るようにしておいた方が良いです。
posted by kaine at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

中です


20050706e6961358.jpg中です。
首ブロックはくり抜けば十分にボールジョンとを仕込むだけのスペースがあります。
posted by kaine at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グリングリン動きます


200507065e856275.jpg胴体内に仕込んだボールジョイントによりかなり可動範囲が広がってます。最近のマイブームなんですが、「首関節」は非常に大切だと思ってます。引き出し式ダブルボールジョイント化は必須とも言える工作になってます。アクションポーズにしても、素立ちにしても首の表情は非常に大事です。人型兵器を格好良く見せるには人くさいポージングが必要です。それにはキットの状態の可動範囲ではあまりに不足しているのです。最近のHGシリーズは首のボリ部品自体を前後に動かせる遊びを儲けたお陰で、ずいぶん表情が出せるようになりましたよね。特にアゴを引いたポージングが出来るようになったのは大きいです。
posted by kaine at 19:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

股間もポイント


20050705b8c66715.jpg次は腰であります。
ここもいくつかの定番工作があるようです。まずサイドアーマーは取り付け基部(本体側)を切りつめて、より胴体寄りにします。そしてセンターブロックは1mm程幅増して、フロントアーマー接続部をタイトに。というよりはコックピットブロックと同じ幅になるように幅増しって感じです。これで腰回りが全体的にブカブカした感じなのを払拭できると思います。まぁセンターブロックは結局プラ板で作り直しちゃいましたけどね。もちろん幅増しだけでも大丈夫。中の赤いパーツは両側に0.5mmずつ貼り足せばOK。ウエストは削り込む方向振るのが定番のようですが、脚部と前腕を延長したこともあり、胴体の長さが若干足りない印象が出てきました。そこでウエスト下部で1.5mm延長してます。縦に少し伸びる訳なので、削り込まなくても多少スリムな感じになるので、削り込みは無しです。
posted by kaine at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

小出し第一弾


20050704b05b137a.jpgこのキットの問題点の一つである前腕です。。
この前腕の形が何とも言えない微妙なアールが付き、今ひとつです。長さも少し足らない感じです。まずはヤスリで変なアールをガッツリ削り落として、各面を平面に仕上げます。次に長さを3mm延長し、消えてしまったサイドのモールドをプラ板にて復活。全体的に四角く長めに仕上げます。前腕を延長しただけでは腕全体が長くなりすぎ、拳の位置も下がりすぎるため、上腕を1.5mm詰めてます。これにより前腕が長めで大きいイメージに仕上がりました。ココの修正をしているか、いないかで随分印象が変わります。
posted by kaine at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

内緒にしていたネタ公開


20050702bcf37782.jpg実はスキヤキでのコンテストにイタズラで参加しようとか思ってた訳です。コンテスト後のトークで「インパクト」とか「勢い」とか「オリジナリティー」とかの重要性を語ってきたんですが、これを曲解されてはいけないな、と思ったのです。派手な武装やバリバリのディティール追加、大見栄きったポージングをしろって言ってるんじゃぁないんです。これらはあくまで手法の一つ。「こう作らなきゃいけない。」ってことじゃぁ無いんです。そんな物が意識のなかで固まってしまったら、模型の楽しさは半減どころじゃぁ無いでしょう!?
だから別のアプローチでコンテスト映えする作例を作りたかったんですね。

で、選んだのがジム改。Zガンダムエースに載っていた「エマ機」が格好良かったってのもありますが・・・・・このジム改というキットですが、そのままでも格好いいと思える一方で、こだわって弄ればいくらでも弄り甲斐のある「改造しないと死んじゃう病」の方にはオススメなキットです。なぜ同じ構成のキットであるRX−78を選択しなかったと言いますと、ヤツは今までに作例やガレキとあらゆる方面で色んなアプローチが試みられ、「やっぱこうでなきゃ!」みたいなイメージが固まってると思うんですね。(しかも個人個人の脳内で違うイメージに)これは非常にやりづらい。で、ジムな訳です。

しか〜し!!!
間に合いませんでした。(うん、ライター失格ね)
でもこれはコンテストに出すってことに意義があるので、どっかのコンテストに出してみます。(W
今回はサフ吹き直前の画像です。順次各部アップ写真と制作記時を載せていきます。(ネタを小出しにしてるとか言わないように)
posted by kaine at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。