2005年11月29日

複製準備


200511291731345d.jpgそろそろ複製予定パーツの複製準備に入らないといけません。
というわけで、一足先に膝パーツの表面処理です。
複製の際の型取りは、予想以上にきっちり型取りされちゃう(そりゃあ気付かなかったアラまでクッキリ)ので、きちんと表面処理をして、サフ吹きしてチェックして型取りです。(キャスト置換を一回間に入れる場合はこんなに丁寧にしない)
ちょっとディティールが入ってのっぺり感が消えたでしょうか?
エッジは角張りすぎないように、番手の高いスポンジヤスリで撫でるようにして処理してます。
posted by kaine at 01:41| Comment(0) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

そして展開!


200511261cf43ed5.jpg肩スラスターの基部はこんな感じです。
実際はスラスターで殆ど見えません。(特に定位置の横を向いてるときは)
後方に向けたときには少し見えます。
こうったメカ部分にはいつも以上に凝ってます。
理由があるんですが、それはまだ秘密です。

さて、そろそろ肩スラスター自体のディティールも入れていかないとね。
posted by kaine at 23:21| Comment(0) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

付いた!


20051125b00d15b6.jpg肩スラスターブロックを付けてみました。
一気にRWっぽくなりますね。
基部にはポリパーツが仕込んであり、背面に向けることはもちろん、若干上下に可動します。
現在は基部付近のディティールを制作中です。
横を向いているときは殆ど見えないんですが、後ろに展開した時にバッチリ見えちゃうんですよね。
スラスターブロック自体にもまだディティールが入ります。
posted by kaine at 21:27| Comment(0) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

腰はポイント


20051124343011d1.jpg腰回りです。
大きな改修では無いんですが、腰回りのアーマーのバランスにはいつも気を使うようにしてます。
主に長さと(腰全体の)幅です。
フロントアーマーはその長さで脚の長さに影響を与えますし、腰の幅は全体的なプロポーションに影響を与えます。(腰のくびれ方は重要でしょ!?)
一概に「どうすればいい」って事はないんですが、自分の目指すイメージ象に近づけるにはどうするか?って事ですね。

今回はフロントアーマーをジム改から流用。(前回まで付いてたのは、全く別で作ってたヤツを仮にもってきただけ)
センターで1mmほど幅詰めしてます。
サイドアーマーは基部を調節して、より本体に近づくようにしてます。
この後ウエストを少し削り込むかもしれません。

posted by kaine at 19:15| Comment(0) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

まだガトリングやってます


200511233e5dca25.jpg
200511238e9e7d72.jpgさて、ガトリングの最終的な構成がまとまりました。
今まで瞬着で無理矢理くっつけてた部品もプラ棒接続にしたり、各パーツの大きさや形状の修正(これ大変かつ重要)を行ってます。
写真ではあんまり変化が見られませんが、作品としてお見せするには必要な作業なんですよね。

見た目で判るのは銃身を2cm短くしたことでしょうか。
元より随分短くなった印象を受けますが、武器全体のバランスとしてはこんなものではないでしょうか?
それとグリップを可倒式にしてます。
申し訳程度の防弾板は思いつきです(W
posted by kaine at 00:22| Comment(0) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

装着!


2005111755c8922b.jpg仮のアームを制作して、ついにガトリングを取り付けてみました。
このアーム、取り回しや基部の位置や保持力、その他諸々を検討するための仮アームのため、使われることなく消えていくのです。
しかしコイツの役割は絶大。
っていうか、コレが無いとどうにもならない。
コイツのお陰で修正すべき点も見えてきました。
仮アームは全長4mmでしたが、もう3mm延ばします。
ポリキャップは3mm軸のものから、保持力アップのため4mmに。
アームは5mm×7mm角だったんですが、もう少し太い方がバランスが良いようです。
ガトリングのグリップ位置は高さをもう3mm下げる。
スリング時に干渉するので、グリップを可倒式に。
手首だけでの位置決めは難しいので、補助的に磁石を利用(する予定)。
砲身はこのままの長さでもいいんですが、重さの事もあり2cm短縮。
予想以上にガトリングが重いため、各関節の硬さ調節。(特に足首と腰)

あ・・・・
作業増えちゃったよ・・・・・
posted by kaine at 22:52| Comment(0) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物干し竿・・・再び


20051117440041ff.jpgえ〜、このZAREGOTO内で更新されております状態は「ほぼリアルタイム」な状態です。
「実はもっと進んでるけど、ネタの為に小出ししてるんだよ、はっはー!」
なんてしておりません。

早くも崖っぷち!

にも関わらずこまめに更新するおいら。


さて、ガトリングのアウトラインが出来ました。
元キットの部品をなるべく利用し、構成を変えつつ、自作パーツを織り込みつつ・・・・と作り上げたのがこの状態。
ガトリングの砲身はもう少し長さを詰めます。
だって全長が身長越えちゃってるんだもん!
ま、長い方が格好いい気もするんですが、接続アームとの兼ね合いもあるんで。
しかしアームがやっかいだな。
自由度上げようとすると、やっぱりボールジョイントかな。
posted by kaine at 01:00| Comment(4) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

正解


20051116e88d7b97.jpgえ〜と何人かの方はお分かりになったようです。
コイツはプラ板の箱組の時に直角を出すための使います。
プラ板の箱組工作で最も多いのは、プラ板とプラ板を直角に接着する行程です。
この行程の精度が落ちると、全体的な精度がかなり落ちちゃいます。

で、この自作治具の登場です。
アルミや真鍮製のブロックと板で構成されてます。
ハンズ等に行けば手にはいると思います。
それぞれの精度が元々高いので、切削時の返りを取るように少しペーパーがけをすればOK。
重要なのは面と面が直角であることなので、エッジは多少丸まっても問題は無いです。
適度な重さがあるので、プラ板を少し押さえつけるように作業しても、動きにくくなってます。
使用感は抜群です。

通常のスチロール系接着剤で接着する場合には、接着してからスコヤなんかで直角を出せば良いんですが、スピードを重視するときにはやはり瞬着を使います。後々のヒケの事を考えても瞬着がベストですし。
瞬着を使うとなると、あらかじめ直角をキープした状態で瞬着を流さなければならないので、こういった治具が便利なのです。
ただプラ板の切り出しをしっかりして、摺り合わせもきちんとしてないと、プラ板共々、治具とも接着しちまうので注意(W
posted by kaine at 02:40| Comment(0) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

物干し竿


20051114cca615a4.jpgさて、RWの記号として「肩スラスター」は重要なポイントでしたが、やはりトップは脇の下から回り込んでくる「長物」でしょう。
レギュレーションでは「右脇に構えられる長物武器の装備。(基部の設置場所は問わない)」となっているだけなので、元設定のようなバズである必要はないわけです。

せっかく5号機をベースにしているのですから、ここはガトリングでしょう!
ただキットのガトリングはあくまで手持ち武器としてデザインされているんで、構成を変える必要があります。
弾倉も別になっちゃってるんで、それも組み込まないとだめです。
パーツを切った貼ったして、こんな感じに。

って、砲身と弾倉だけやん!

う〜ん、あとは流用パーツで仕上げるって手もあるんですが、たぶんあとの部分はプラ板でスクラッチしちゃうんだろうなぁ。
posted by kaine at 00:20| Comment(0) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

基本ブロック完成!


200511139304bf67.jpgさて、肩スラスターの基本ブロックが組み上がりました。
オールブラ板製ですね。
プラ板の断面や厚みが出る部品(縁の部分ね)は気を使います。
実に縁の部分だけで3時間掛かってます。(2個で)

まだ箱組しただけでカクカクなので、今からが大変。
面に色気を付けていきます。
この辺のさじ加減をまちがえると、ただのエッジダルダルなすっきりしない造形になっちまいます。

やっぱり肩がつくと雰囲気出てきたね。

posted by kaine at 01:19| Comment(2) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

新たな剣


20051111c4f2609d.jpgまさか昨日の画像で「肩完成!」とか本当に思った方はいませんよね。
さて、今日は本当に肩スラスターの制作です。今回のRWでは初めてのブラ板工作です。

さて、写真のツール(?)は構想数年を経て完成した新たな剣です。(SEED風)
わかる人はこの写真だけで「何にどう使うのか」はわかると思います。
かなり使いやすいです。
これでプラ板工作の精度を出すのが楽になりました。
たぶん2000円前後で作れると思います。
posted by kaine at 18:17| Comment(0) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

スラスター


200511109cf2834c.jpg肩が完了!
最速工作です。

厚みが無いとか突っ込まないように。
バランスが重要ですから、こういった手法でバランスを見るわけです。
大きさは当初予定していた物よりも大きくしました。
posted by kaine at 20:53| Comment(0) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

組んでみました


2005110941b11e53.jpg今回は組み上げた状態を公開。
物の見事に左側のみ!

ライトアーマー化という自分なりの裏テーマにのっとり、サイドアーマーにもカバーを付けました。
フルカバーじゃないのがコダワリ。
しかしこの辺にオプションを禁じられた「オプションかいん」の技が炸裂!(するといいなぁ・・・・)

制作はプラ板の現物会わせ。
もう一個同じのを作るのも面倒くさいので、複製します。
今回は左右対称の部品が多いので、かなりの部品を複製する予定です。
posted by kaine at 21:23| Comment(0) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

胸(すまん、ひねり無しで)


200511088f5f3227.jpg胸です。
これは制作開始時から考えていた処理です。
キットの胸ダクトパーツを使って、胸上面からダクト前面までを覆うアーマーとして処理してます。
この辺も「RW=パーフェクトガンダム3」であることを意識しての事です。
あくまでアーマーをまとったガンダムとして作りたいのです。

あとフェイスも少しラインを修正。
センターの稜線がはっきりするようなラインに変えました。
こっちの方が丸いよりもより「らしい」ですね。
posted by kaine at 23:43| Comment(0) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

ついに頭部です


2005110791ea7a3c.jpgついに頭です。
エポパテにてメインカメラカバー(だとおいらは思ってる)とマスクはエポパテ製。
今回はキットパーツから着脱出来る状態で作業がしたい場合が多いので、より離型しやすいエポパテが大活躍です。

とうぶはアンテナをどうしようか迷ってましたが(付けるかどうかね)やっぱり付けないとRWっぽく無いですね。
明日は胸回りでもやりますかね。
posted by kaine at 23:50| Comment(0) | ガチ魂5回戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。