2006年06月21日

モデラーレシピ


060621.jpg
ナポリにはナポリタンなるメニューが無いのはもう広く知れ渡った事ですが、日本では根強い人気のようです。
おいらとしてもナポリタンってのはNGメニューなのです。
どうもケチャップのみでの味付けってのがどうも・・・・

で、今回はかいん流のナポリタンです。
ニンニクと少量の唐辛子を味のベースにして、具はベーコン、タマネギ(少量)、ピーマン(彩り程度)、トマトです。(今回はシメジも少量入ってます)
ポイントはケチャップに少量の牛乳を混ぜておくこと。(ケチャップがガザCのピンクになる位)
これで非常に味がまとまります。
最後に胡椒を多目に!
この辺が大人ね。

まぁ細かい作り方はさておき、「ケチャップに牛乳」これちょっと試してみて下さい。


posted by kaine at 20:54| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

ヤスリブーム

好評発売中のDP匠シリーズのプラスチック用ヤスリ。
通称「スキヤキヤスリ」としてネットモデラー間に浸透しつつあります。
色々とスゴイサイトのスゴイ方々からのご紹介、レポを頂き、知名度も上がってきたようです。
するとまた問題が・・・・

「プロ御用達のハイスペックな道具は自分にはちょっと・・・・」
という意見。

確かにどんな世界でも道具を突き詰めていくと、腕に似合わない高価でハイスペックな道具があるのは事実です。
しかしですね、今までのヤスリが模型用として使いにくい物しか無かったと考えてしまって良いかと思います。
このスキヤキヤスリがオーバースペックと言うわけではなく、初めて満足できる性能のものに出会っただけなんです。

切れない包丁では料理は出来ません。
でも一本何万円もするような銘の入った包丁が必要ってわけじゃないんです。
安い包丁でもしっかり研いであるものが必要なんです。

スキーやボードで「ワックス塗ると滑ってコワイからヤダ」ってのは少し滑れる人ならそうじゃないことをご存じでしょう。ハイスペックな高額の板が必要なんじゃなくて、エッジを研いで、ワックスがきちんとかけてある板が必要なんです。

音楽を聴くのに、カセットテープではなくせめてCDプレーヤーを購入して音楽を聴くのはオーバースペックな機器の導入でしょうか?(ハイエンドオーディオってわけじゃないですよ。)

模型制作におけるヤスリとして、スキヤキヤスリは「研いだ包丁」や「ワックスをかけた板」「CDプレーヤー」なんかと同じような最低限のスペックを獲得した道具なんです。

どんな世界でも最初に手にする道具は高級品が良いのではなく、まずは良質な道具が必要なはずです。


060619.jpg


さて、写真はスキヤキヤスリにて1mmのプラの断面を削った状態です。
「切れるヤスリ」と表現してきましたが、削り粉が確認できますか?
粉というより糸状のカンナ屑の様な物が確認できると思います。
1本1本の溝がカンナの刃のようにプラを削っていくわけです。
これが優れた切削力と綺麗な切削面の秘密です。

posted by kaine at 20:07| Comment(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

やる気が・・・

じつはパイナップルが大好物です。
缶詰はダメです。
シロップの甘さじゃなくて、パイナップル本来の甘さが最高なんです。
スーパーでカットしてあるパイナップルも売ってますが、かなり割高なんで、丸ごとを買ってきて自分で剥いて食べます。

さて、先日見つけたやる気のないパイナップルをご紹介。
他のパイナップルが雄々しくその葉をいきり立たせてる中で、なんて控えめな・・・・

スマン、ネタだけの為にコイツを買いました。
あ、これ沖縄産で結構高かったです。
味の方はといいますと、甘みは強くなかったですが、酸味とのバランスが良いせいか、さっぱりした食べ口で美味かったです。


060618.jpg
posted by kaine at 10:51| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

モデラーレシピ

本日は冷製パスタです。
なんとなく疲れて食欲の落ちた日も、ビネガー効果で食欲増進と疲労回復です。

作り方はフルーツトマト、ホワイトアスパラ、ブロッコリー、カニかまを少量のニンニクとオリーブオイル、ワインビネガーで和えた具を、茹でてから氷でしっかり冷やしたパスタに絡めた物です。
今回初めてフルーツトマトを使ってみましたが、甘みが強くワインビネガーとの相性もバッチリでなかなかの味でした。


060613.jpg
posted by kaine at 21:33| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

完成!

さて、ようやくマインレイヤーが完成致しました。(長すぎ)
本撮影はまだですが、実は規定なしに完全に趣味で作ったのは、かなり久しぶりです。
懐かしの銀チョロなんてもう何年ぶりか・・・・・

テーマはボックスアートのMSVテイストを残しつつ、ギリギリまで現代風に引き寄せるです。
デカールもそれらしくしてみました。
今回はとりあえず撮影してみてのプレアップです。
本撮影後にギャラリーにアップします。

060612.jpg
posted by kaine at 00:42| Comment(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

モデラーレシピ


060608_2.jpg
最近はモデラーさんのブログに料理レシピが登場することがチラホラ。
やっぱり物作り自体が好きな人が多いんでしょうか。
さて、久しぶりの料理ネタです。
今回は「青梗菜のツナマヨ包み」です。
では作り方。




1.ツナ缶とホールコーン、マヨネーズと練りごま、胡椒を混ぜて具を作る。
2.硬めにゆでた青梗菜でツナマヨをくるむ。
以上!

060608_1.jpg



うわ、簡単・・・・
ポイントはツナマヨの味付け。
青梗菜は少し水分が多いんで、ツナマヨは濃いめの味付けが良いかと。
今回はごまマヨネーズとしてみました。
青梗菜は生でも食べられるので、湯通しする程度の方が歯触りを楽しめます。

で、試食。


おっ!思った以上に美味い。
まぁ味はツナマヨなんで想像できると思いますが、青梗菜の歯触りがなんともイイ感じです。
いつかモデラーのつくる持ち寄りつまみで一杯ってなイベントもしてみたいっすね。
posted by kaine at 23:11| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

やっぱり自作

一昔前なら自作しか無かったデカール類も、市販のデカールが色々と揃い便利になったようです。
でもやっぱり自作してしまいます。
これ自体が制作過程として面白い部分なんですよね。
自分でデータを作るだけに、サイズとかバッチリ必要な物が作れるってのが良いんです。
なによりも市販の物を貼るよりもウレシイんですな。

で、またまた今回も自作。
色々とありまして今日はデーター制作で終了です。(明日出力して貼れるといいなぁ)


060601.gif
posted by kaine at 00:35| Comment(2) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

横浜れぽ(そのに)

さて、横浜レポその2です。

なんと昨日行った「グリーンサイクルステーション」には「グリーンスタイル」という姉妹店がオープンしていたそうなのだ。

しかも裏に・・・・

昨日は横浜に1泊したので、早速朝から「グリーンスタイル」へ。

店はかなりオシャレ。
自転車の発する機械の空気は微塵も感じられません。
「ファッションとしての自転車」「自転車を取り入れたライフスタイル」の提案って感じです。

ここで早速試乗!
機能はBD-1のみでしたが、ここにはルイガノが一揃い置いてあるのである。
そしてそのルイガノでもスタンダードなMV1はレンタルサイクルとして貸し出してもいるのである。(MV1は牙狼にてカオルが乗っていたオレンジの自転車ね)


060531.jpg

当然借りる

「試乗」という気兼ねを感じることなく堪能したかったのだ。
一漕ぎしてびっくり!

今までおいらが乗ってきたのは自転車じゃなかったのか!?
それともコイツが自転車じゃないのか!?
と思ってしまうほどの衝撃。

まず各部のスムーズさが違いすぎる。
可動するどの部分も精度が高く滑らか。
漕ぐ力が全部進む力に変わる感じ。
惰性で走る時なんか、氷の上を滑る感じすらする。
「楽」かつ「速い」かつ「気持ちいい」
山下公園を爆走!(バカ)
しかも3台買っても昨日乗ったBD-1より安い!
カラーバリエーションが豊富!
折り畳みじゃないんで、安定性抜群!

くっ、BD−1にほぼ決まっていたのに候補が増えちまった。

・・・・・・
また悩みます。


posted by kaine at 00:07| Comment(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。