2006年08月09日

ウチにペットが来た

しばらく忙しく、ネット上の活動はできておらず、ブログも停滞状態でした。
頻繁ではありませんが、またぼちぼちZAREGOTOをお届けします。
じつは本HPのギャラリーにザクマインレイヤーがアップされてたりします。
ブログに直で来られている方も多いようなので、一応宣伝です。

さて、バキュームフォーマーが必要となり、最初は自作することも考えたんですが、少し大型の物が必要なことと、自作する時間がもったいないってことで「桃象」を購入しました。
今までも小さな部品は自作のバキュームフォーマーで整形したりしたことはあったんですけどね。
今回はかなり多用する予定です。
熱源として電熱器も購入。
そしてプラ板も1mmプラ板を10枚ほど用意しました。
バルサで作った仮原型をつかって試運転をしてみました。
原型自体の空気の抜けの問題もあるのでしょうが、ちょっと本体自体の気密性が低いですね。
隙間テープとかで目張りした方が良さそうです。

さて、何回かバキュームフォームをして気が付いたことは、「余白を大きく取る」って事です。
プラ板がもったいないんで、原型が収まるくらいの大きさでやりたいところなんですが、余白を大きく取っているからこそ、成型時のプラの厚みを維持できるようです。所詮は平らなプラを延ばして立体にしてるわけですからね。
周りの余白は延び代として必要なんですね。
まぁHDMの値段を考えれば、1パーツにプラ板一枚使うのもあんまり変わらないんですけどね。
なんとなく「無駄が多いなぁ」と感じてしまうのは精神衛生上良くないです(w
060809.jpg
posted by kaine at 21:50| Comment(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。