2007年06月30日

6月は!

6月はなんと全日ブログ更新達成ですよ。
毎日12時過ぎ頃から書き始め、更新を繰り返してきました。
まぁそんなに模型は進んでないのですが、変な達成感があります。
7月も頑張りますよ〜!
posted by kaine at 15:59| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埋めた(また掘るのにね)

Zのつま先です。
キットをお持ちの方はお分かりだと思いますが、ここの台形の窪みがシャープではありません。
これも抜きの関係ですね。
ただ縁が上手く処理されているので、気にしなければ全く問題無いと思います。

でも気にしちゃうのが「改造しないと死んじゃう病」のモデラーの性(W


070630_01.jpg

まずプラ板の小片を貼り付けて埋めます。
コレくらいの大きさと深さなら瞬着と硬化剤のみでも埋めることが可能だと思いますが、なるべくプラ板を併用した方が、跡の処理が楽に済む場合が多いです。
瞬着って意外とスが入るんで、多用しすぎると表面処理時に泣きます。


070630_02.jpg

で、整形。
一緒に底面辺りにあった磐梯さんを処理。

このままでは埋めて平面になっただけなので、ディティールの復活を行います。
スジボリをしてしまうのが一番早いのでしょうが、今回はくり抜いてディティールを追加したいと思います。

あ、時間切れだ。
ではまた・・・・
posted by kaine at 00:41| Comment(0) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

CDとZと残りパーツ

立ち寄ったCDショップにて、思い出したようにCDを購入。
Fairlifeの2ndアルバム、「パンと羊とラブレター」です。


070629_01.jpg

浜田省吾が作曲、アレンジを水谷公生が担当、ボーカルはゲストボーカリストを呼んでの楽曲により構成されてます。
出ているのは知っていましたが、何となく今までスルーでした。
これを書いている今聞いているのですが、派手さは無いものの、高いクオリティと耳障りの良さを感じます。

さて、模型。
Zは表面処理中。
しかしパーツ形状も複雑ですし、パーツも多い。
こりゃ大変だ・・・・

スネ前面は合わせ目処理を避けるための分割となっていて、ユーザーフレンドリー!

・・・・・のはずなのだが。

抜きの関係で本来はスジボリであって欲しい所が段差にて処理されてます。
細かい所ですが、ここはやはり彫り直し。
しかしどうせならもっとしっかり段差になってる方が彫りやすいのになぁ。
結局フィルムラベルにてガイドを貼り付けてスジボリ。


070629_02.jpg

むかって右がスジボリしたラインです。

さて、残りはコレだけ!


070629_03.jpg

って残りの方が多いよな、やっぱり。

posted by kaine at 00:56| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

エポキシ使ってる?

最近よく「エポキシ系接着剤」をよく使用します。
2液混合性の独特の匂いのアイツです。

最近のキットはほぼスナップフィットなので、組み上げに際しては接着剤が必要な事は少ないのですが、少しいじると最終的に「接着」という手段を取ることが多いと思います。
結構こまりません?
流し込み系にしても、瞬着にしてもはみ出したら塗装表面に影響するし、接着面の塗装は剥がしておかないとダメだし(実はあんまりしないが)、瞬着は白化がコワイし・・・・

実はエポキシ系接着剤はラッカー塗装面を侵しません。はみ出した時はエナメル系溶剤でふき取れます(もちろん硬化前ね)。
オマケに強度はかなりあります。
瞬着に比べて衝撃に強いという点もイイです。
位置決め、角度決めが必要な接着の際にも、硬化時間に余裕があるのでOK。

でも欠点も。
ただその硬化時間が問題でもあります。
手で角度決めをする場合は、硬化するまで持ち続ける必要が・・・・・
まぁこう言うときはプラ板で角度や位置決めの治具をつくっておけばいいんですけどね。

それにちょっと割高ですね。
5分硬化(これでも早い方)の物は結構値が張ります。
硬化時間が短い物ほど値段が高いようです。
化学反応にて硬化するので、少し暖めると硬化が早まります。

あと、クサイ・・・・・

まぁ最期の最期で「はみ出しちゃった!」って事になるのを防げるのであればお安いかもしれませんね。



posted by kaine at 01:30| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

仮撮影

ちょこっと撮影したので、仮アップです。
太腿の色剥げが怖く、多彩なポーズという訳にはいきませんが・・・・
股関節ブロックの自由度をかなり上げているので、時間が出来た時にまたきちんと撮影して本アップします。


gouf_02.jpg


gouf_01.jpg


gouf_03.jpg

posted by kaine at 03:31| Comment(0) | HGUCグフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

日本の仏像

突然ですが、仏教美術が好きです。
仏教徒ってわけでは無いんですが、寺院に行き仏像や建築物等を見るのが好きです。
とりわけ仏像にはすごく魅力を感じます。
そんなオイラにストライク!

「週間日本の仏像」


070626.gif

キタね、コレ。

もうたまりませんよ。
この雑誌のターゲットはもう少し上の年代だと思うのですが、そんな事は構いません。
こりゃ定期購読決定ですな。

さて、Zですがお見せできるような画像が撮れてないので、また次回の講釈で・・・
posted by kaine at 00:24| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

とりあえず


070625.jpg

天候のためクリアー吹きがまだですが、とりあえず完成ですかね。
コーションデカール類はディティールの追加とセットと考えているので、今回は無しのつもりです。
でもジオン章とアクセント目的で少し貼ろうと思います。
前回の06Rの時もそうでしたが、このサイズだとパイプの取り付けに苦労します。
今回も結構時間がかかりました。
なんか微調整、塗り直しとか色々やってたら、思ったより時間が掛かってしまいました。

さて、明日からはZの制作レポ開始の予定です。
posted by kaine at 00:13| Comment(0) | HGUCグフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

色チェック

「青」って濃い色を使っても結構透けますね。
なのでしっかり発色しているかどうかパーツ単位では判りづらい時があります。
当然しばしばチェックしながら塗るんですが、パーツ単位でバラせる昨今の模型ではパーツ毎の色の差に気付きにくいのは確かですね。
さて、とりあえず塗ったパーツの最終的な色チェックをしました。


070624.jpg

・・・・・
脚だけちょっと薄いな。

日曜には完成まで持っていくぞ!

posted by kaine at 01:18| Comment(0) | HGUCグフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

左手

ようやく思い出した方法で左手のマシンガン腕につける「爪」のようなパーツを製作しました。
どうせ作り直すんで、バランスを考えてもう少し小さくしました。
横から見るとこんな感じのパーツを作ってます。


070623.gif

「思い出した」とか言いながら、結局気に入らなくて3回目の作り直しにてようやく形となりました。


070623.jpg

ちと無骨過ぎる気もしますが、グフといえばヒートロッドと共にこの左手もポイントかと思い、頑張ってみたのですが・・・・
気合い入れすぎ??(つーか、時間掛けすぎ)

これからもう少し調整して塗ります。
う〜ん、時間がかかってるなぁ・・・・
posted by kaine at 00:38| Comment(0) | HGUCグフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

ドリンク剤の選び方

今日は飲み会(?)があり、久しぶりに日本酒などを頂きました。
で、帰ってきてから爆睡・・・・
ここんとこ寝不足気味で日中は吐き気とかしたりと、結構限界気味だったのでちょっとスッキリしました。
なので今日は作業無し!

っていっても余裕がある訳じゃないが、もう少し無理をするためにも休養は必要ってことで。

さて、付かれたときにお世話になるのが「ドリンク剤」。
薬局、コンビニには多種多様のドリンク剤が売られてます。
値段も驚くほど差があります。
どれを選びましょうかね?

殆どのドリンク剤のメインとなるのはビタミンB群です。
あと効果が判りやすいのはタウリンですかね。
実はこの辺の成分はドリンク剤の値段に関係なく、ほぼ全てのドリンク剤に同じくらい入ってます。まぁ分類として「医薬品」となってるものと「清涼飲料水」となっているものとでは配合限度が違ったりはしてますけどね。
どっちにしろ十分量が入ってます。
実はこの辺の成分は激安なので、配合量をMAXにしたところで、値段には影響しないのですよ。

そんじゃ、何で値段が変わるのか?
主には配合される生薬成分です。
高価な物を使えば値段は跳ね上がります。
値段の差はコレですね。
ただ値段が高いのは希少価値に由来するので、「値段=効果」ではないです。
まぁ値段は精神的な効果には貢献するとは思いますが・・・・

となると、値段が高いのがいいのか、安くて良いのかは・・・・・・
ま、この辺は名言を避けておきます。

最期に・・・
ドリンク剤が疲れを吸い取るわけでは無いです。
ただ疲労回復の手助けをするだけで、休息は必要です。
誰がオイラに「休んでイイよ」と言っておくれ(泣
posted by kaine at 01:12| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

ベタすぎですが

プラモって趣味のはずなのに、睡眠時間をけずって制作する事が多々あるのはなぜ???

えぇ、眠いです。
まぁ作業中はいいんですよ。
次の日の仕事がツライんです。


070621gif.gif

で、カフェインの錠剤なんかを買ってみた。
どこでも眠気を「トメルミン」!だって・・・・

まぁここは突っ込まずにスルーの方向で(W

今までもカフェインの錠剤やドリンク類はありましたが、コイツは結構工夫されてます。
ちょっと専門的になるんですが、たかがカフェインを摂取させるために色んな工夫がされてます。
さて、1日量の3錠に500mgのカフェインが含まれているとのこと。(1錠に167mgね)
コーヒー一杯中のカフェインが約60〜100mgと考えますと、大まかに2〜3杯分ってところでしょうか。
カフェインの覚醒作用には個人差があるので、全く効かない人もいるかと思いますが、オイラは結構効きます。

「ここで眠っちゃいけねぇ」ってシーンは結構あると思うので、携帯に便利且つ水無しで飲めるコイツはなかなかの物だと思います。

さて・・・・
コイツを飲んでもう一がんばりするか!(既に本日ゼナを2本消費してますが、何か?)
posted by kaine at 00:41| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

出来はイイのだが

むぅ・・・
まだグフ塗ってます。
本体の基本塗装はほぼ終わっているものの、小物系がけっこう時間がかかるのね。

さて、グフといえばヒートロッドですが、HGUCに付属するヒートロッドの出来は特筆物です。
形状や手首の取り回しとか文句がありません。
可動しないもの、実際は写真のような2形態があれば十分ですよ。


070620.jpg

ただね・・・・
パーティングラインの処理がしにくい。(これも特筆物)
まぁこういう軟質樹脂は処理しにくいのはよく判ってるんですが、この形状とあいまって、やりにくさ数倍です。
凍らせて削るってテクもあるんですが、形状が形状だけに折れる可能性がありますから、迂闊にできません。

う〜ん・・・・
糸ハンダ巻きにするか!?(冗談)

結局地道にペーパー、スポンジヤスリを駆使して処理。
1本1時間くらい掛かったんですけど。



posted by kaine at 00:31| Comment(0) | HGUCグフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

新作?

今日も作業はしてますが、まったく更新するネタがありません。
ですが最近模型ネタが増えてますので、期待を裏切らぬよう模型ネタをお届けします。

おいらはコーション類を含めて、使用するデカールはほぼ100%自作です。
作例毎にオリジナルのデカールを起こすことが多いんですが、コーション類のプレーンなヤツは作り置きのデータをそのつど印刷してます。
かつてうちのHPで販売してたヤツと同じ物ですね。
デカールのテキストですがかなりこだわってます。
当然読めるような大きさでは無いのですが、潰れ具合を考慮してフォントを選択し、文字サイズを決めて、行間、文字間を決定してます。

しかし、同じ物をずっと使ってると飽きもくるもので・・・・
たまに新しいデザインを考えたりもします。
結構これが楽しいのです。

さて、今回考えたのがコレ。


070619.gif

いわゆる丸コーションのアレンジ版ですね。
プレーンなフォントから少しデザイン系に振ってます。
「CAUTION」って読めるのはおかしいという考え方もありますが、18メートル級の巨大な人型の機械に対して、何処に何があるかは整備上遠くからでも見える必要があるのではないかと思います。詳しい文章まで読める必要は無いと思いますけどね。

で、コイツを使用サイズで印刷すると・・・・・
ダメですね。
文字が判読できません。
けっこう気に入ってたのですが、コイツはお蔵入りですね。
ははは・・・やっぱり難しいや。


posted by kaine at 00:41| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

HDM

HDMって使います?
おいらは結構使います。
手はMSに代表されるメカ物の表情をつける重要な所ですしね。
それとマニュピレーターって「人型をしているが人ではなくメカ」であることを強烈に印象づける所だと感じてます。(だから丸指よりや角指が好き)
MGクラスには可動指などでイイものが付いているキットも少なくないですが、1/144クラスはまだまだですよね。
確かにキットの値段を超えかねない値段のパーツを手首に使うのはもったいない気もしますが、せっかく時間を掛けたキットですから、最期のもう一手間と贅沢をさせてあげたいと考えてます。
しかしながら、この気泡どうにかならんかね。
まぁ製造上仕方ない訳なのだが、ディティールが細かいパーツだけに処理が結構大変なのですよ。


070618.jpg

さて、今回のグフにもHDMを使います。
といっても1/144用グフ用は無いらしく、ザク用を流用。
当たり前ですが、ぜんぶ右手(W

右からマシンガン用、サーベル用、平手、ヒートロッド用(拳では無い)です。
拳が無いのはそれだけ使っちゃってるからです(ホントは拳も欲しかった)
専用設計ではないので、各部の微調節に時間がかかりました。
ヒートホーク用の手首でヒートサーベル握るにはちょっと無理が・・・・



posted by kaine at 00:47| Comment(0) | HGUCグフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

頑張った!


070617.jpg

よし、頑張った!
青くなったぞ。

青って結構透けるんですよね。
発色までが時間がかかること、かかること。
1/144サイズごときで右腕が悲鳴上げてます。(しかもベタ塗りなのに)
でもまだ拳とかパイプとか塗ってねぇ・・・・

実は今日使おうと思っていた色の瓶を開けると「カラ」だったというありがちなトラブルのため、近くの模型店に自転車で向かいました。

ん?・・・・・・

建物ごとゴッソリ無くなってるんですけど?
まぁもう一軒あるからイイけど、そこも無くなったら緊急時は困るなぁ。


posted by kaine at 01:35| Comment(0) | HGUCグフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

いよいよ塗装か!?


070616.jpg

なんか数日前と画像がほぼ同じですが、ちゃんと違う画像です(W
捨てサフ後、整形して本塗装前の下地作りです。
いつもはサフ1200に黒を少量加えたものを吹くのですが、今回は時間短縮の意味もあり、フィニッシャーズのファンデーショングレー直吹き!
サフと違い傷埋め効果はありませんが、(まぁサフにもそれほど期待してませんが)この隠蔽力は異常ですね。
またサフと違い表面は艶有りになるので、磨き傷が目立つので精神的ストレスも多少受けます(W
「艶を消せば消える、消えるんだ。」と言い聞かせながら吹き続けます。

おいらは殆どのガンプラ系の模型の仕上げは半艶よりももうちょっと艶を落とした1/3艶位で仕上げます。
通常600番までしかペーパーはかけませんが、磨き傷で困ったことは無いですね。

さて、リテイクパーツは2個(最終段階になってから見つかるヤツもいるのでね)。
明日には基本塗装に入れるか!?
posted by kaine at 01:05| Comment(0) | HGUCグフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

思い出せん・・・

1年も前に作ったヤツとか、色々忘れてることがあります。
左手のマシンガンは砲身部分(指ね)を作り直していた事は覚えていたのですが、今回思い出した(つーか部品が出てきた)のは指の上の盛り上がりに当たる部分です。


070615.jpg

元キットのデザインを少しアレンジしてカバーっぽい感じに仕上げていたのでした。
しかし4枚作ったはずが1枚しかない・・・・
仕方がないので再制作決定。

・・・・・・
あれ、これどうやって作ったんだっけ???

マジでわかりません。
プラパイプかプラ棒を削りだして作ったことは覚えているのですが、どうやったのかさっばり出てきません。

たまにありませんか?
過去に自分がやった作業に対して「ようやったなぁ〜」と感心すること(W
あ、逆の方が多いですけどね。

考えること1時間(時間が無いのに考え出すと気になって作業ができねぇ)
さっき思い出しました。
が、今日の作業時間はタイムリミット。
明日にはサフ吹きまで行きたいです。
で、日曜の夜には基本塗装くらいまで終わってて欲しいですね。
posted by kaine at 00:21| Comment(0) | HGUCグフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

ガテン

今日もせっせと表面処理・・・・
面倒な作業ながら驚異の集中力にて作業をぶっ続ける。
しかし仕上がるパーツは意外と少ない・・・・

あぁ、満足感が少ない。(だから人気無い作業なのか)

さて、先日コンビニにてこんな物を発見。
「ガテン認定 頭巻きタオル」


070614.jpg

うたい文句が
コダワリの日本製
頭に巻きやすい長さ
選択処理してあり、開封後すぐに使える
頭に巻くと龍柄サイドにキマる
だって。



購入。(オイ!)



実は作業に集中したり気合いを入れる時に、いわゆる「タオラー」になります。
髪が長めでなので、額や目にかかるってのが意外と集中を乱すようです。(切れって)
ただあんまり締め付けすぎると頭痛がします(W

で、使用感。
確かに長さと厚みが頭に巻くのにイイ感じ。
もう2つほど買おうかな。
posted by kaine at 00:29| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

磐梯角

あいわゆる「バンダイエッジ」というのは、金型の負担を考えてエッジ付近にもう一面加えられた面を言うのでしょうか?(あってます?)
前ほどではありませんが、親の敵のようにバンダイエッジを消す風潮とかがありましたね。
あと「縁を薄くする」ってやつ。

おいら?
しませんよ、ほとんど(W

ただ設けられた1面に違和感を感じる所は加工するって感じです。
まぁこれも結局は自分基準。

で、今回修正した部分はコチラ。

070613.jpg

肩アーマーの縁ですね。
このエッジともなだらかな面の繋がりとも、どっちともとれない微妙な部分は気になります。
肩アーマーの縁をピンピンに薄くする工作ってのも見ますが、おいらのなかで肩アーマーはあくまで装甲。
あんまり薄いのはちょっと違和感を感じます。
しかし今回はずいぶんスマートな感じのグフに仕上げたいとの思いもあり、エッジは削り取る方向で作業。少し縁が小さくなり厚みが減るわけですが、胴体への肩アーマーの被り具合の絡みなんかからもコチラの方が都合が良かったのです。

この工作の効果が現れるかどうかが判るのは、もう少し先ですね。


posted by kaine at 00:39| Comment(0) | HGUCグフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

まともに制作記事

昨日サフ吹き下パーツを今日は整形。
やっぱりいじったパーツは何かしら修正箇所があるもんですな。(当たり前)


070612_1.jpg

さて、肩関節はキットの1軸関節からボールジョイントに変更しているのですが、ボールの受けは胸に詰めたエポパテに穴をあけたものです。
要するにボールジョイントの相方は使ってません。
ボールの直径よりも若干小さめの穴をドリルで空けて、その内側をリューターの丸ビットで少し広げて作ってます。
調整はシビアですが、以外と保持力も期待できますし、なにより省スペースで済みます。
実際はもう少し小型の部品に対して有効な方法ですね。
フレーム風の枠は整形前なので「歪んでる」とかのツッコミは無しの方向で(W


070612_2.jpg

あとシールドは好みで少し大きくしてます。
こういう縁をぐるりと囲む加工は成形が面倒ですね・・・・
コイツもサフ吹いたら修正箇所が出てくるんだろうなぁ。



posted by kaine at 00:23| Comment(0) | HGUCグフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。