2008年02月29日

使えるのか?

ホームセンターや100均ショップはモデラーなら大好きなところです(断定)。
なかでも模型用では無いものを「コレ使える!」って発見したときにはちょっとうれしいです。

今回目を付けたのはコレ。


080229_01.jpg

アイスの棒と木製のコーヒーマドラーです。
どっちもディスポですね。
値段相応にかなりアバウトな切り方です。
100円で50本入ってます。

真っ先に思いつくのは「ペーパーの支持体に使えるんじゃないの?」ってこと。
で、やってみた。


080229_02.jpg

ペーパー側に両面テープを貼って、そこにコイツらを貼り付けて、余分な部分をカッターで切る。
まぁ簡単です。

で、使ってみた。
利点は薄いって事。
これで手が入りやすくなる作業場面があるのは確実です。
今まではプラ板なんかに貼ってましたが、切り出しの手間や精神的に「もったいない感」を感じないで済む点は良い感じ。
もう一つの利点は軽くて薄いので整形面からの情報が手に伝わりやすいって事です。小さな面とかの整形にはしっかりヤスリのコントロールをする必要があるんですが、そういう場面では使いやすいです。

欠点はその精度の低さ。
縁の部分がどうやってカットしてるのか不思議な位適当なので、キワの部分を利用してって感じでは使えません。
あと木製かつかなり薄いので、物によって反りがひどい物があります。
あんまりひどいのは撹拌棒とかへらとして使えばいいですけど。

何本か作ってストックしておけば、使いたいときにサッと使えて「あぁ、便利」ってシーンがあると思います。




紹介しといてなんですが・・・・・

ぶっちゃけ、無くてもいい(W


posted by kaine at 23:30| Comment(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

ご無沙汰です

お久しぶりでございます。
ほんとーにずいぶんお久しぶりでございます。

死んでません。

つーか、むしろ元気(W
今シーズンはカゼっぴき一つしてません。
ギリギリでクリアって感じでヒラリヒラリとかわしております。

そんじゃなんで更新が無いのかと・・・・・




(デビルメイクライ3のせいでしょうか)


いや、そうでなくて(全否定はできぬが)。
なんていうんでしょ、「やる気はあるけん体が付いてこん♪」つーヤツです。(これ判る人おいちゃんね)
いや、むしろ逆かな。

好きな模型をキライになりそうなそんな時ってありませんか?
オイラはたまにあります。
でもきっと止めないような変な自信もあるんですけどね。
人間って不思議です。


実は色々とブログに書きたいネタはあったんですよ。
まずはコレ。
ダライラマ14世の言葉を集めた、「抱くことば」です。

本屋に行けば「心を打つ言葉」「元気が出る言葉」「自信が出る言葉」「感動の名言」などの本が沢山並んでます。
その辺の本も何冊か読んだこともありますし、相田みつお」とかキライでは無いです。(同列にしちゃうのは失礼な気もしますが)

すごいよ、この本。
上記の「それら」の本とはあまりにも違う。
言ってることのレベルとかの問題じゃ無いんです。
体に言葉が入ってくるんです。
しかも「ガツン」と胸を打たれるのはなく、染み込む感じです。
一つ一つの言葉は決して難解では無く、簡単な文章です。
税抜きで1200円の本です。
価値があるか無いかは人によって様々ですが、もし手にとって数ページ読む機会があるならば、是非そうすることをオススメします。
買いますよ、たぶん。


お気に入りの一説を紹介します。
「私たちの苦しみの多くは、私たちが考えすぎることに由来します。」






posted by kaine at 22:48| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

前にも書きましたが

大雪ですな。
写真はうちの庭ですが、一面真っ白です。


080203_01.jpg

このまま積もった状態で一晩たつと、確実に路面が凍結しますね。
コレが怖い。
まぁ幸いにも車は四駆かつスタッドレス装備なのですが、もらい事故に気をつけねばなりません。
事故渋滞もいろんな所で起きそうですし。
みなさんお気を付け下さい。

さて、ちょいと道具のメンテなど。
ペーパーを貼り付ける支持体はいろんな物が使えますが、おいらも色々と使ってきました。


080203_02.jpg

一番最初はアルミのレールです。
軽く、その形状から反りが無く支持体としては申し分ありませんでした。
ただ両面使えないことや、幅が12mm であることが不満でした(両面テープ幅が15mmだから)

次はもう少し厚みのあるアルミの棒にしてみました。
幅も15mmで両面使えます。
ですが実際使ってみるとその厚みのせいでプラからの指先への情報が届きにくく(コレ重要)、いまいち繊細なコントロールがしづらいものでした。


080203_03.jpg

で、一番新しい物は素材をステンレスに変えて厚みの薄い物を採用しました。
重量は少しありますが、薄いので指先のタッチはまあまあです。



ペーパーの貼り付けは両面テープを使ってます。
ここにコダワリが。
通常の両面テープを使うとペーパーの張り替えの時に困りませんか?
キレイに剥がれないんですよね。


080203_04.jpg

おいらはセメダインの「両面テープ強面弱面」を使ってます。
接着強度が表と裏で違うんですね。
この強面をペーパーに、弱面を支持体に使うとペーパー張り替えが非常に楽です。
他社製品でも同じような製品がありますが、弱面の粘着度が弱く使用中に剥がれたり、強面と弱面の方向(剥離紙がどっちに付いてるか)の問題で、セメダイン社の物に落ち着いてます。



posted by kaine at 23:54| Comment(5) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。