2008年04月30日

感動した

もう雑誌作例をやったのはずいぶん前の事ですが、今でも模型誌にて作例の数々を見るときにはちょっと違う見方をしてるのかもしれません。
単純に「スゲーなぁ」「かっけー!」とかって目線でも楽しむんですが、その作例に施された作業の手間に対する効果みたいな物を考えて見てます。
「見てます」とかいうと上からって感じなんで、「勉強させて貰ってます」ってのが本当の所ですね。

作業量の多い作例がスバラシイ作例って訳では無いと思ってます。
作業量では作品の優劣は決まらないはずです。
まぁ圧倒的な作業量の前に「ははぁ〜」って頭の下がる思いをすることがあるのは事実ですが(W

で、今月のHJでの上原さんのアストレア。
久しぶりにマジで感動した。
エクシアは模型誌も含めネット内でも作られている方がかなり多かったと思います。
確かに素組でもカッコイイとは思うんですが、何か違和感を感じるというか、なんか引っかかるところがあったんです。
そういう部分は他の方も感じているようで、様々な改修をされてました。

極端にどこかが長いとか短いとか太いとか細いなら簡単なんです。
ところがこういうなんとも言えない微妙な違和感ってのを解消するのはすごい大変です。
迂闊に弄るとバランス変更の影響が思わぬ所に影響を与えてしまい、それを解消するとまたそれが他に干渉して・・・・
とドミノ倒しの用に次から次に問題が発生し、雪だるま式に作業量が増えるという悪循環に陥ることが少なくありません。

ところが今回のアストレア。
正直言って作業量は多いわけでは無いと思います。
しかしながらその効果は抜群。
これエクシアにもまんま流用が効くんでは?
ここまで的確なポイントを見極め、絶妙のさじ加減を行う上原さんは、おいらが一生かなわないであろうモデラーさんの一人です。

さて、まねしてアストレアつ〜くろ。


posted by kaine at 00:42| Comment(5) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

コンペ

ども、かいんです。
ご無沙汰しております。
どうも病気という訳ではないのですが、体調は絶不調にて模型はなかなか触れない状態でした。
今日は久しぶりに体調も良く、ちまちま進めていたティエレンの途中をアップとなりました。

080420_01.jpg


太ももは段落ち部分にモールドを追加。
白い部分はボディと同色にする予定。


080420_02.jpg

股間、胴体のセンターブロック左サイドに対人機銃を設置。
そうです、コイツは対テロ対策を考えての装備という設定です。
鬼畜装備ですなぁ・・・・
この辺はまだもう少しディティールを加えます。

どうしようか迷っていたシールドをショート化。
言われなきゃわかんないかも?なラインに止めたんですけど・・・・
太ももまでがっしり覆われたデザインは、ティエレンに力強さと無骨さを与えているんだと思います。
今回のコンセプトではむしろそれがじゃまになると考えました。
取り外してしまうのが簡単なんですが、ココはティエレンの記号だと思ってますんで、残しつつ共存のラインを選出しました。

色なんですが、黒をメインとした配色にしようと考えてます。
それ用の新色も手に入れてみました。
まだテストしてないんですが、ちょっと楽しみな色です。

で、現在制作中のコイツがはココに出す予定。


fa_ti_st1_bn.gif


サークル外の方からも随時募集していますので、ふるってご参加下さい。
あと出品者へのコメント等いただけますと、非常に嬉しいです。


posted by kaine at 02:09| Comment(2) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

レールじゃないの?

今日はディティールの彫り込みなどを少し。


080410_01.jpg

ティエレンの胸のここってレールっぽくないですか?
最初に見たときから、胸両サイドブロックの移動の為のレールみたいに思ってたんですけど。
なので逆エッジの彫り込みって訳ではなく、レールっぽさを出すために少し幅広にスジボリを入れてみました。
最終的にはクロームシルバーとかで塗り分けようかと。


080410_02.jpg

あと太ももは合わせ目をディティール処理に。
これって定番っすか?(消すより楽だし)
スジボリ程度に段差を付けてる作品が多いようなので、ココはガッツリ幅広に(W
いや、そういう訳ではなく・・・・
ちょっとここにもディティール入れます。
なんかちょっとノッてきました。

まぁ・・・・


気のせいかもしれませんが(W
posted by kaine at 23:30| Comment(6) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

心打たれるデザイン

ご無沙汰しております。
かいんです。

元気(?)かどうかは別として、ちゃんと人並みの生活してますのでご心配なく。
また「ちょっと熱が出ちゃう体質モード」に陥ってるようです。
理由もなく始まり、原因は特に無く、気がつけば終わっているという「お呼びでない」状態です。
ま、そんなに心配はしてないんですがダルいっすね。


今日は久しぶりに心打たれたデザインに会ったお話。
これ!

080408_01.jpg

どうっすか!?
ミントキャンディーですよ。
ケースはスチールで黒とゴールドのコンビ。
なおかつロゴとエンブレムは浮き彫りというコダワリ。
更に中!


080408_02.jpg

懲りすぎ!
でも見れば見るほど秀逸なデザインです。
ロゴのフォントの選択、サイドに入れられたラインの抑揚、全体のバランス・・・・
たかがお菓子のパッケージにちょっと興奮。
こういう良質なデザイン物を見ると、ちょっと嬉しくなるんです。

と、ココで終わらずにティエレンを。



080408_03.jpg

080408_04.jpg


頭の新造と股間を弄ってます。
頭部は前回の物からさらに微調整とディティールを追加してます。
無機質な機械であることを意識してデザインしました。(コンセプトはレイズナーのターミネーターとダブらせてます)

あとティエレンの股間はあまりにも真っ平らなので、ディティール部分で一段段差が付いているように加工しました。コレくらいの抑揚があった方が格好いいかなぁと・・・・


ティエレンといえば泥臭く、ウェザリングやダメージ表現が似合うと思うんですが、その辺は他の方にお任せして(オイ!)、オイラはオイラらしく「いつもの感じ」で行きます。
シャープに造形されたキレイめティエレンってのも良いんじゃない!?
つーか、まだまだ先の話ですが・・・・


posted by kaine at 21:44| Comment(5) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。