2008年06月23日

デカール職人

以前はこのサイト上にてデカールの販売をしてました。
ちょうどGFFっぽい仕上げが流行ってまして、いわゆる「丸コーション」の需要があったんですね。
なのでプレーンなコーションも含めてモデラーさんの手助けになればと、細々と販売してました。
「販売」というと儲けてた感じに取られちゃうんですが、実際のところシートとインクのコストと手間を考えると、ギリギリからちょっと赤字だったかもしれません。

でも最近は状況が変わりました。
おいらのように個人で販売されている方(商売とされているようですので、有る意味それはユーザーとしてはありがたい部分があるので歓迎)や、水転写だけでなくドライデカールまで手に入るようになり、バンダイ御大からのデカールも発売され、選択肢、供給量共に充実してきました。
なのでオイラは「お役ご免」と言うことで、販売をとりあえず中止させていただいてました。
別の大きな理由として、使用していたデカールシート(モデラーズの物)の供給が非常に不安定になった(現時点ではほぼ入手は不可能)ためでした。

先日MYK DESIGNさんより発売されている「クリアなデカール」を使用してみました。
これが品質として満足の行く物でした。
これならば十分にオススメできるデカールが作れると思います。
とは言うものの、販売再開を具体的に考えてる訳では無いんですけどね。
儲けは無いとはいえ、お金のやりとりが生じる事です。
結構大変なんですよね。
当面はお仲間モデラーさんにチョコチョコ刷って配布するって程度ですかねぇ。
上でも書きましたが、現状で個人がMDプリンタで刷ったコーションがどれだけ需要があるのかも疑問ですからね。

でもオイラは自作に拘ります。
そもそも、デカールはカラーリングやディティールアップの一つと考えてます。
そしてカラーやディティールの一部であるならば、自分のコントロール下に置きたいんですね。
市販品がかなり潤ってきたこの現状でも、自作コーションに拘りたいんです。
品質や便利さで市販品に大きなアドバンテージがあったとしてもです。
なんか「意地」も入ってきてますが、まだまだ自作で頑張るつもりです。

画像は今回用意したコーション類。
300%拡大です。


2008コーション.gif

自作のコーションマークを2008年バージョンとして作り直してます。
まぁ今までのヤツの流用があるんで、完全新規って訳ではないんですが、フォントの選択、文字サイズ、字間、行間、全てに於いて気をつけて作ってます。
posted by kaine at 00:23| Comment(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

長兄

続柄の項目って書く時があるじゃないっすか?
父とか母とか長男とか・・・・・

その中で「長兄」って書いてあるのを見たんですよ。
読み方は「ちょうけい」です。
はい、長兄と聞いて男子の95%の人が頭に浮かぶのはコレ。

080619_01.jpeg



当然!






ところがね・・・・
「ちょうあに」って読まれちゃった・・・・







チョウアニ・・・・・・























コレ?


080619_02.jpg



当然!


あ、模型します。
posted by kaine at 20:48| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

ココまで来た

何とか組み上がりました。
これからは塗装に向けての諸々の作業です。


080605_01.jpg

080605_02.jpg

080605_03.jpg


覚え書き目的に工作ポイントを。
頭部はスクラッチ。
アーマードコアっぽいが、イメージソースはレイズナーのスカルガンナーだったりする。
無機質な怖さを強調できればと。

肩には駐機状態での固定や空輸時のスリング用のバーを追加。
肩のライトモールドは彫り込み(クリアパーツ埋め込み予定)
胸モールドは彫り込んで、レール状であることを強調。
胸センターに対人対物用の機銃追加。
背面ランドセルのサイドに追加パーツ。

肩関節部にはモールド追加。
上腕にモールド追加。
手首アーマーは裏打ち後、モールド追加。

ウエストはギア状パーツを追加。
股間は1段張り出した状態にアレンジ。
ここにも対人対物用の機銃追加。
ウエストは肉抜き穴等を穴埋め、ディティール追加などで処理。

太ももは合わせ目をディティール処理。
スネアーマーに追加装甲。
下端のアーマーは独立可動を思わせるようにディティールを追加。
足首アーマーは裏打ち後、モールド追加。
足底の爪は彫り込んで別パーツに見えるように処理。

実はプロポーション変更は無かったりする。
以上!
posted by kaine at 00:50| Comment(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

治具作成


080601_01.jpg

ティエレンのこの肩パーツってライトなんだそうな。
今制作中のティエレンはライトを追加しようとか考えたんですが、元設定にライトが存在し、かつそれがモールドされてるとなると、「スルー」って訳にはいきません。
ココ無視して、ライト追加するってのはナンセンスな気がするんで。

しかしどう処理しましょう?
銀を塗って、上からクリアー?
・・・・・・

削り取って透明プラ板の裏に銀シール?
・・・・・・

やっぱり彫り込んで、透明パーツの埋め込みにしたい!

ただサイズが小さい。
2つ有る。
しかもまだティエレンは他にも作る予定。



つーわけで治具作成。
プラ板でチャチャっと。

080601_02.jpg



これにライトパーツをはめ込んで、極小ノミにて彫り込みます。
掘るというより、刃を滑らせてカンナがけって感じです。

080601_03.jpg



でこんな感じ。
これで次のティエレンも怖くないな。

080601_04.jpg


posted by kaine at 16:24| Comment(0) | 制作記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。