2009年01月24日

再始動の狼煙

はい、ついにオイラの作例が掲載されております「ホビージャパン」が発売となりました。
なんと2年以上のブランクでした。
もちろん模型をやっていなかった訳でもないですし、やりたくないわけでも無かったんですが、本職を持っている以上、そちらとの兼ね合いがどうしても取れなかったというのが一番の理由です。



090124_top.jpg

さて、今回のネタはHGUCギラドーガのレズン機。
実質のキットレビューは前号で更井氏が一般機でされておりますので、ほんの気持ちだけ弄らせて貰いました。
ちょっと誌面ではわかりづらいですが、ディティールの甘いところは新造をメインとして色々と作り直してます。
スキルアップには最適のキットかと思います。

近日中には誌面のフォロー記事を当HPの「works」にアップいたします。


posted by kaine at 01:33| Comment(5) | HJ誌作例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

トライツール

発売してから少し経ちますが、ハセガワトライツールの金属表現用シートって使いました?
現在3種「ミラー、チタン、ジュラルミン」が発売されてます。
いままで金属表現で貼るものといえば、ラピーテープやICテープ位でした。
防水加工用のステンレステープなんかも使った事があります。(ステンだけに切るの大変)
でも結構剥がれるんですよ。
当然ながら曲面には対応してないですし。

で、ちょっと高いかなぁと思いながらもトライツールのこれらを使ってみました。
結果から言いますと、スゲーです。
粘着力はバッチリで、2mmのプラ棒に巻き付けても端が剥がれ始める事は無いです。
しかも本当に伸びます。
またシートが激薄なので、巻き終わりが殆どわかりません。
細切りしたシートをくるりと巻き付ければ、金属のリングをはめ込んだようにしか見えません。
まき付けの回数を増やせばそれなりに厚みもでるので、表現方法も広がります。

で、ここで別の使い方。
シートが極端に薄く、さらに伸ばしながらだともっと薄くなるわけです。
そこで棒状パーツの径の調整に使ってみました。
パイプの組み合わせの際に、径が微妙に違うことってありません?
セロテープやマスキングテープを巻くと今度は大きくなり過ぎちゃう。
このシートだと極薄なので、1回巻きとかにすれば0.1mm以下での調節が出来ます。
微妙に隙間を空けたパイプの組み合わせも再現できます。

ちょっと高めですが、オススメの一品です。



posted by kaine at 10:12| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

活動を再開

皆様、あけましておめでとうございます。
本年はより「モデラーかいん」を前面に押し出していきたい所存です。
どこまでやれるのか、可能性に挑戦の年にしたいと思ってます。

永らく休止していましたライター業も復活の予定です。(もう始動してますが)
毎月掲載ってのは確実に無理ですが、なるべく作っていきたいと思ってます。
さて、何か作るとなるとやっぱり検索しません?
とりあえずグーグルでイメージ検索かけちゃう。
最近はネットで作品を発表している方が多いので、参考になる画像を見ることができます。
ですが・・・・


今度のネタ、多くね??


機体名で検索するとかなりヒットします。
作りやすいんでしょうか?
こりゃどうやって見せ場を作るか考えないと大変かも。
実作業よりもどうアイデアをひねり出すかが勝負ですな。
posted by kaine at 11:10| Comment(9) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。