2007年09月20日

ハルマガンダム

どうも最近アクセスが増えてます。(2〜3割程度)
百鬼後ですし、ハルマの画像がアップされてないものか?と訪れている方が増えているのでしょうか?(どこかからのリンクが増えている訳でもないので)

自分ではあまりにも納得のいかない状態であり、百鬼ではそれに応じた評価を頂いてしまったハルマですので、できればこのままお蔵入りに・・・・
とも思ったのですが、ここは敢えて恥部を晒し反省材料とすべくアップすることにしました。
ちょっと多忙のため、しっかりした撮影は難しいのであまりキレイには撮れていませんが、見てあげて下さい。


070920.jpg


070920_2.jpg


070920_3.jpg


070920_4.jpg


posted by kaine at 23:54| Comment(2) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

脳内メーカー

ちょっと遅い気もしますが、脳内メーカーしてみました。

結果・・・・




100% 愛!


やっぱりな(何が?)
posted by kaine at 23:25| Comment(0) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

出撃

完成した・・・・
とは言えないね。

結局武器までは間に合わず。
デカールの色も今ひとつ。
で、完成間近になって懸念していた問題もやっぱりクリアできず(コレは制作時から考えるべきだった)。
本体だけですが、なんとか見れるような所まではやりました。
とりあえずこの状態で出撃します。
あとは後日銃を完成させて、とりあえず終了。
しかしこのハルマではまだ納得してません。
もう一回作るぞ!(マジで)
こんどはVer.1.0でね。

posted by kaine at 09:25| Comment(0) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

細かいってのがくせ者

まだ塗ってます(泣き

細かい部品ってのがくせ者。
変に時間が掛かります。
まだデカール貼らなきゃ・・・・
そんでクリア吹いて・・・・・って

いや、無理だって。
posted by kaine at 23:21| Comment(2) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

ちょっと

マジ無理っぽい・・・・
posted by kaine at 23:25| Comment(5) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

・・・・

何も言いません。
ほぼリアルタイム画像です。


070911.jpg
posted by kaine at 23:25| Comment(0) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

ボツパーツ

捨てサフ時には見つからない傷が、本サフになって出てくる時があります。
今も何個かボツパーツが出てます。
エバグリのプラ板は、キットのスチロール樹脂よりも軟らかいので、幅増しや延長に使うと境目が消えにくいですね。
随分気を付けたつもりなんですが、まだ甘かったですね。
タミヤからも1.5と2.0のプラ板が出た事ですし、今度からはそっちを使う方がいいでしょうね。

しかしまだサフの時にボツパーツが見つかるのは良いですよ。
これが本塗装を初めてから出る時もありませんか?
これはマジ凹みます。
締め切りが有る物の場合は崖から突き落とされた気持ちになります(W

あぁ・・・・
ほんとにやばくなってきたぞ。



posted by kaine at 23:58| Comment(2) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

調色

近々引っ越しします。
今日は引っ越しの見積もりが3社ほど来ました。
3社ともガンプラに反応してました(W
まぁあれだけ在庫があればな・・・・

で、今はショーケースにFIXフィギュレーションシリーズを飾ってるんですが、「こ、これは高価な物でしょうか?」だってさ。
いや、「おもちゃですから(W」

あとようやくハルマの基本色を調色しました(まだ塗って無いんかい!)
再び「機体内部色」炸裂です。(ジオの作例参照)
赤みの抜けたアイボリーが出来ました。
あとガイアの蛍光クリアーを入れてみました。
これってどうなんでしょうね?

posted by kaine at 22:14| Comment(3) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

オラに元気を分けてくれ!

え〜と・・・・・

残り作業の多さに打ちひしがれてます。

しかしながら、今回のハルマのパーツの表面処理はかつて無いほどの出来(なんだそりゃ)
サフもイイ感じで乗ってます。

現時点では仕上げにしわ寄せが来そうな感じです。
せっかくのパーツが・・・・と考えると、百鬼を見送ってでもとか、気弱な気持ちにもなります。

これから最期まで油断せずに頑張ります。
あと2日くらいは徹夜で作業できる日がありそうです。
しかし徹夜がツラくなってきたなぁ・・・(ちょっと寂しい)
posted by kaine at 23:57| Comment(0) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

鐘が・・・

気づけばこのぶろぐ「ZAREGOTO」も初めて2年半が過ぎました。
ほとんど更新できていない月もありましたが、ダラダラと続いております。
まぁ最近は無理やりにでもネタを作って、連日更新をがんばっております。

ちなみに「ZAREGOTO」で検索をかけると、同じタイトルにてブログをしている方が結構おられるようです。
「ZAREGOTO」リンク集とかつくったりして・・・(いや、別に面白くないから却下)

それはおいといて・・・・
今朝方、自分の中では革命的な手法に気づきました。
表面処理に関することなんですが、うまくいけばかなりの時間短縮になりそうです。
気づいたときには頭の中で鐘が鳴りました(W

まぁ最終的には塗装までしての判断なので、まだわかりませんけどね。
引き続きがんばりますよ。
posted by kaine at 19:45| Comment(0) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

やっぱ必要

時間も無いんで、多くは語りませんが、そういことです。


070905.jpg
posted by kaine at 23:57| Comment(0) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

続く表面処理

白いパーツの表面処理は厄介ですねぇ・・・・
やりにくいったら、ありゃしない。

表面処理には主にタミヤのフィニッシングペーパーを使ってます(空研ぎペーパーってやつね)
これをHPのテク集でも掲載している3つの使い方を併用して行ってます。
1・ペーパーを両面テープで貼り合わせたもの
2・ダイモテープにペーパーを貼ったもの。
3・貼りパネにペーパーを貼ったもの(コレはオオゴシスティックと呼ばれるもの)

それぞれに使い勝手が違うので、面の形状に合わせて使い分けてます。
320番、400番とかけたら、かるく捨てサフを吹きます。
そのご600番にてサフ層を削り取るように処理します。
で、最終的に塗装の下地となる本サフを吹きます。
今回は下地のパーツの色を完全に覆い隠す必要があり、かつ基本塗装が白なので、本サフはダークグレーに調整した隠蔽力の強い物を吹いてから、白塗装のためのライトグレーを吹くことになります。(大変だぁ・・・)
posted by kaine at 23:57| Comment(0) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

火、火がぁ!

お知らせするほどの事では無いのですが・・・・

おしりに火がつきました(W

いや、マジやばいですね。
作業時間がなかなか取れず、予定どおりに作業が進みません。
まだまだ工作したい所が残っているものの、泣く泣く表面処理に移りました。
そのため、しばらく画像ってものを載せる機会が極端に減ると思われます。
つーか、画像用意してブログ書くほどの余裕が無いってのが本当の所なのはナイショだ!

しばしつまらないブログとなりますが、駄文ながらも毎日更新は続けていきますので、お付き合い下さい。
posted by kaine at 23:57| Comment(0) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

ブチ穴

ちょいと使い古された感じもあるんですが、いわゆる「ブチ穴」を開けました。
確かに良いアクセントになるんですよね。
ただ穴同士の間隔が狭いため、精度が必要な作業になります。
おまけにドリルで穴を開けると、ちょっとズレることが多いですし・・・


070830_1jpg.jpg

おいらはイラストレーターにて作図した下絵をフィルムラベルに印刷して、それをアタリにしてます。
正確な穴開けは、正確なアタリからですよ。


070830_2.jpg

で、今回は以前紹介しました「HiQparts」さんのディティールパーツを使ってみました。
これ、リングと中のマイナスモールドが別パーツです。
分散してつかうよりも、こんな感じに「一点豪華」で目立たせる方法を選んでみました。

さて、吉と出るか凶と出るか・・・・
posted by kaine at 23:57| Comment(0) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

やはりコレは必要

近藤版ガンダムと言えば・・・・
そう!肩口のバーですよ!(偏見)


070829.jpg

そこで時間もないのにせっせと制作。
こういうバー状の物は何を使って作ります?
やっぱり真鍮線でしょうか?
おいらは銅線を使ってます。
真鍮よりも若干軟らかいので曲げ工作がしやすのです。
軟らかいと言っても、模型の部品として使うくらいの強度は十分にありますしね。
ホームセンターに行けば色んなサイズの物が売られてます。
巻いた状態で売られてますので、使うときは平らな2枚の板で挟んで、「ゴリゴリ」転がすとまっすぐになります。(ホームセンターで売ってる端材で十分です)

あと後付感満載の肩サイドのスラスターですが、基部は一段彫り込んで装着してます。
細かい所ですが、上に乗っかる感じだけは避けたかったのです。

posted by kaine at 23:57| Comment(4) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

チラ見せ

なんかチマチマと更新してますな。
なかなか作業時間がとれず、これでも頑張っているのですが・・・・


070827.jpg

昨日では処理していなかったコクピットハッチのヒンジ部分です。
こういう可動部分はカバーを付けつつ、駆動部をチラ見せってのが雰囲気がでると思うのですがどうでしょう?

カバーは昨日と同じく、エバグリの角パイプを整形して使用してます。

posted by kaine at 23:57| Comment(0) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

センサーカバー

胸につくセンサー状のモールドの制作です。
物が小さく厚みも薄いものが欲しいので、0.5mmプラ板で箱組ってのは難しい・・・(特に強度の保持が問題)
なのでプラストラクトの四角パイプを削ってみました。


070826.jpg

このシリーズのプラ材は色んなサイズがあり重宝しているのですが、この角パイプは少し精度が落ちるようです。
厚みの問題もありますし、今回は削り込んで歪みを修整しました。
一回り小さく見えますね。
で、これを切り取ってパーツを製作。

ここらで顔を含めた胸回りのショットを一枚。


070826_2.jpg





あ、コックピットハッチのヒンジがそのままだ・・・・


posted by kaine at 23:57| Comment(0) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

ヤラレタ

ちょいと寝不足気味です。
昼飯を食べた後に猛烈に眠くなるため、ここ数日はカフェイン飲料を飲んでました。



胃、やられました・・・・



今日の夕食にカレー食べたら、吐き気がしました(←バカ)


いやぁ、予想以上にやられてるね。
まぁカフェインだけじゃなくて、ストレスもあるんだろうけど。
最近滞ってる筋トレとストレッチでもして、今日くらいはちょっと早く寝ます。


あ、ご心配なく!
大丈夫ですから。
ディティールの追加は今週いっぱいでヤメなきゃなぁ・・・・

posted by kaine at 23:08| Comment(2) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

トライ&エラー


070823.jpg

膝アーマーのディティールです。
ちょうど延長した辺りを切り欠いて、自作のメカパーツを埋め込む形です。
基本の円柱パーツはエバグリの物。これに曲がり癖をつけた0.27mmのプラ板を貼り付け、更にブロック状のディティールを追加してます。
物が小さいだけに精度が必要な作業です。(ズレるとすぐに判るから)
ジャストサイズに円柱パーツを切り出す事や、そのパーツの丁度センターにスジボリを入れるって所に苦労します。
コツはあると言えばありますが、結局はトライ&エラーです。
横のパーツは失敗作です(W

posted by kaine at 23:08| Comment(0) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

治具


070822.jpg

ネタが無いので、半ば押しつけな小ネタにて・・・・

円柱パーツにスジボリを入れるときにはパイプカッターにてアタリを取ってから、電気ドリルにパーツを噛ませて、簡易旋盤的にスジボリを行ってます。
今回のような縁から1mm以内の所にスジボリを入れる時には、その位置が少しでもずれると非常に目立ちます。
こう言うときには面倒でも写真に写っているような「治具」を作ります。(まぁ作るって程の物でもないけど)
ようはブラ板の厚みででエッチングソーの位置を一定にしてるだけですね。
ちなみにベースが1mmブラ板、その上に0.5mmプラ板、その上にエッチングソーですね。
電気ドリルに噛ませたパーツにコレを当てれば、縁から0.5mmの所にアタリがとれます。

たしかにスジボリの際のテンプレートや、こういう簡単な治具はそれ自体を作る手間が生じます。
ですが精度も上がりますし作業効率の上がるので、かえって時間短縮になる場合が多々あります。
posted by kaine at 23:27| Comment(0) | ハルマガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。