2008年11月05日

勇気を持って踏み出し

作業が面倒くさそうなんで、できればやりたくないんですが・・・・
目立つだけにスルーするわけにもいきません。
スネのダクトです。
しかし昔からこういう部分って不親切ですな。
まぁこんな所までスキ無くキットで再現されちゃうと、そこを弄る面白みも減るってもんです(と、自分に言い聞かせる)

思い切ってとりあえず切り取る。


081105_01.jpg

こういうところはくり抜くよりもこうやって切り取ってから必要な部分を再生する方が早くて簡単。
あぁ・・・でも4つあるんだよなぁ。

鉛筆で書き込んでるところはスラスターを増設する予定。
ここも曲面だから厄介だなぁ。
まぁ愚痴をこぼすのも可笑しい話だし、考えてるよりもやっちまいます(W


こんな作業はノリの良い音楽で乗り切るのも手。
最近のお勧めはコレ.
MIMの「Face to Face」です。

081105_02.jpg


最近は流行の「カバーアルバム」なんですが、アレンジが最高です。
特に「change the world」は最高。
全体的にピアノがフューチャーされており、ノリも良く、あまり洋楽を聴かないオイラもお気に入りです。


posted by kaine at 23:30| Comment(0) | セイバーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

再開

中断していたセイバーを再開しました。


081104_01.jpg

081104_02.jpg


現時点での大まかな作業は以下の通り。

足首甲、およびつま先の大型化。
太ももへの横ロール追加。
フロントアーマー作り直し。
ウエストでの延長。
上腕、前腕をMGジム改、MGインパルスから流用。

作業中断前から上腕〜前腕の処理に悩んでました。
どうしてもキットの形状が好きになれなかったんですね。
なんか細すぎる感じがしまして・・・・
当初はキットベースでボリュームアップを考え、途中まで工作をしていたんですが、可動を仕組むとなると意外と面倒。
なので他キットからの流用を考えたわけです。
形状が似ているものとして陸ガンが候補にあがったんですが、大きさが合いませんでした。
そこで次に白羽の矢が立ったのがMGインパルス。
形状、大きさ共に問題なし。
同じZAFT製って事で相性もいいってことで(W

まだ問題点は有るものの、人型にするとモチベーションが上がるなぁ。


posted by kaine at 23:30| Comment(0) | セイバーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

高さ調整

今日は小ネタです。
丸棒を半丸に整形する方法です。

今回は1.5mm×6mmのプラ棒です。

080303_01.jpg


さすがに手で持ってヤスリをかけるのは無理があります。
ところがちょっと工夫すれば簡単。
目的の高さのプラ板でプラ棒を挟んで両面テープで台となるプラ板に貼り付けます。
あとはヤスリでゴリゴリと・・・・

080303_02.jpg



あら簡単。


080303_03.jpg

080303_04.jpg



この方法は他のパーツでも高さを調節したいときに有効です。
丸モールドや角ノズルなんかもこうやって高さを調節してます。



で、アーマーに取り付け。


080303_05.jpg
ちょいと小さいかなぁ。
2mmで作った方が良かったかも。



posted by kaine at 23:30| Comment(3) | セイバーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

ハイテク化

仕事柄、人の死に面する事が普通の人よりは多いと思います。
で場所柄、怪奇現象っぽい話もあるわけですよ。
でもなんか変です。

「電子音が聞こえる」とか「ケータイが鳴ってる」とか・・・・

・・・・・・・



そういうのもハイテク化を迎えてんの?
「女のすすり泣く声が・・・」とか「廊下のきしむ音が・・・」とかじゃないのね。

あの世とかこの世、その他諸々の怪奇現象、オカルト現象を信じてない訳じゃないです。
でもやっぱり人の心が投影されてる事象もおおいのかなぁと感じました。


つーか、携帯はほんとに鳴ってただけじゃね???





と、いつもならココで終わる昨今のZAREGOTOですが、3月からは違います。



ここは「模型系ブログ」ですから。(言った後で少し後悔・・・)



そんじゃ模型ネタ。
先日制作したセイバーのフロントアーマーです。
基本的に平面で構成されてるこういうパーツをプラ板でくみ上げた時に気をつけてる事があります。
それはエッジの立ちすぎです。
連なる2面を整形した時にできるのがエッジですが、立ちすぎてると箱組感が際だちます。
これでは他のキットパーツと整合性がとれません。
「立ってて悪いのか?」と言われると困るのですが、シャープな造形とエッジが立ってるってのは別の事だと思ってます。
そしてエッジはしっかりとコントロールしなければならない物と思ってます。

色々と解決法がありますが、最も簡単なのは番手の高いスポンジヤスリでエッジを擦ってあげることです。
削るというより擦るって感じ(わかりにくい?)
C面を取るのでもなく、エッジを丸めるって感じでもないんですが(そこまで行くとやり過ぎ)、これだけで箱組感がずいぶん無くなります。
写真の向かって右が処理後。
左が処理前。

080302.jpg


・・・・・・・・・・


写真じゃわかんないや(W




posted by kaine at 23:30| Comment(0) | セイバーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

報われる・・・か?

しょーもないプリンターのトラブルにて、イライラした時間を過ごしてしまいました。
まぁ解決したから良いんですが、プリンターメーカーやソフトメーカーにまで問い合わせしても解決しなかったんですよ。
結局「人為的なミス」という笑えない話だったんですけどね。
そのエラーに気づけなかったおいらに責任があるんですが、いろんな布石があったんで気づけなかったんですよ。(わかりにくい?)
変に時間だけ使って損した気分です。




気を取り直して、セイバーのフロントアーマーの制作です。


プラ板でのパーツ自作の際には、かなりの確率でイラストレーターにて図面を書きます。
形状の修正を画面上で心ゆくまで微調整できるのがパソコンの良いところです。
で、形状が決まったら紙に出力します(普通紙で十分)。

080301_01.jpg



これをプラ板に貼り付けます。
おいらは普通のスティック糊にて貼ってます。
水糊はさすがに紙が水分を吸ってサイズが変わるので使いません。

080301_02.jpg



で、カッターで切り込みを入れて折り取り、折り取り、折り取り・・・・・
折り取った場合はその断面に誤差が生じますが、修正可能な誤差です。

080301_03.jpg



で、積層して削ってハイ終了。
形状が単純なだけにココまで約30分。

080301_04.jpg



付けてみた。

080301_05.jpg

極端に大きくしたわけではなく、アウトラインの変更って感じです。
でも投影面積は増えてます。
というのも、太ももに横ロールを入れたんで、目隠しの意味があるんです。



セイバー作った方はその股間接の可動範囲の狭さにびっくりしたと思います。
当初は太ももも方の干渉部分削ったりとかしたんですが、いまいちしっくり来ず・・・・
結局横ロール入れちゃいました。

080301_06.jpg


パーツはVer.kaのフレームですね。
幅が足りないので1.5 mm幅増し。
元の股軸は使えないのでコトブキヤのプラボールに変更。
この横ロールがポージングの時にかなり有効!


なはず。(軸を仕込むクリアランスとかでかなり苦労したんですけど報われるんでしょうか)


posted by kaine at 23:30| Comment(2) | セイバーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

肩位置変更


080119.jpg

080119_2.jpg


セイバーの続きです。
肩の取り付け位置の調節のために、こんなことやってみました。
写真を見ていただければ一目瞭然ですね。
でも見るのは簡単、やるのは大変。
パーツの合いの調節や、軸位置の決定に手間取りました。
まぁ単に自分の見切りが甘かったんですが・・・・
軸は長さが足りず再工作、肩アーマーを接続するためのプレート状のフレームも穴の位置の問題で再工作してます(泣

さて、最近のキットは肩ブロックを肩アーマーで挟み込んで固定するタイプが増えてますね。
定番の「切り欠きを入れる」工作による後ハメと共に、肩アーマーにプレートを追加して、そこに開けた穴で接続する方法がよく行われると思います。(今回のセイバーは後者を選択したってわけ)
この時の「接続プレート」はABSの板を使って制作してます。一般的なスチロール樹脂のプラ板に比べて粘りがあるので、ポリキャップを仕込んだりしなくてもヘタりにくいです。板同士を組み合わせてビス留めすれば、省スペースの可動部も自作できます。
ABSは板状、棒状共にハンズなどで購入できますので、一組持っていると便利です。



posted by kaine at 23:12| Comment(2) | セイバーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

何時ぶり?

すっげー久しぶりの模型ネタ更新です。
う〜ん、時間があんまり無いので当初のプランからは作業内容を少し変更しております。
セイバーです。

どうものっぺりした印象のある肩は今回のポイントとすべく、作業量が多くなります。


080113_01.jpg

まず前面のディテールですが、スジボリを入れるだけでもずいぶん印象が変わるとは思ったのですが、前からやってみたかった「段差」を入れたディティールを施してみました。0.3mm、0.5mm、0.75mmのプラ板を使って微妙に高低差が出来てます。
スジボリは装甲などの分割ラインをイメージさせるものですが、高低差をつけるとユニット同士の集合みたいな物をイメージさせられるのではないかと思ってます。


080113_02.jpg

裏面もかなり目立つので、普段はあまりしない(w)ディティールを入れる予定です。この形状ならエポパテで埋めるよりも、プラ板を切り出した方が簡単ですね。

本来サーベルラックとなっているこの場所はバーニアにアレンジします。
だってここ、飛行形態の時に丁度後方を向いてるんです。それにこの部分にサーベルがあるのはいいんですが、ニョーんと横に出てるのに抵抗があったんです。


080113_03.jpg

で付け根部分にはフレーム状のパーツを入れるのが流行だと思うんですが、ここはインテーク風に処理します。先ほどのバーニアとセットって事ですね。
セイバーって殆ど大気圏内で動いてたんで、やっぱりこういう仕組みなんじゃないかと思うんですが。


肩だけに時間掛け過ぎかも・・・・(大変だ)

posted by kaine at 22:35| Comment(2) | セイバーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

やっちまったか!?


071204.jpg

久しぶりのセイバーネタです。
当初は彫り込みのみで何とかしようとしていた銃口です。
しかしながら処理がしにくい。
あとマスキングもね。
セイバーのメインウエポンですし、止めときゃいいのに1回接着していたパーツを割ってまで整形の仕直しです(W
やっぱり一体整形じゃちょっと寂しいですよ。
しかし問題は銃口。
設定ではオーバル型です。
オーバル型を作るのは簡単ですが、その断面が必要なリング状のオーバルとなるとちょっとやっかい。
しかも小さいし。

つー訳で、エバグリのパイプです。
四角くなったのはご愛敬。
ストフリの腹のやつだって、MG化したら四角くなってたからイイのだ。
ただの四角パイプでは寂しいので、中に極薄プラ版にてディティールが入ってます。
この後エッジの処理をして、もう少し薄く見えるようにします。
あと先端の出っ張り(フロントサイト?)はセンサーサイト風にアレンジしようと思ってます。


posted by kaine at 00:30| Comment(2) | セイバーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

昔はね・・・

かなり前から模型を作ってきた者として、最近の模型はすごいなぁと思うことがしばしばあります。
今回のスラスター。
こう言う所の底面にディティールが入ってるなんて、考えられないですよ。
しかも深さもちゃんとあるし。
ちょっと前(どれくらい?)なら「蓋?」ってくらい深さも無い状態で、結局くり抜いて、底作って、ディティール入れて・・・・ってなってましたよ。

まぁ、年寄りの愚痴みたいなのでそろそろ止めて・・・


071102.jpg

で、もう一手間。
底面のディティールは活かして、フィンを追加。
サイズにさえ気を付ければ、それほど難しい作業では無いです。

posted by kaine at 23:25| Comment(2) | セイバーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

復活しました

ども、お久しぶりです。
ちゃんと生きてます(W
体調もそれほど崩していた訳ではありませんが、ブログ更新までは手が回らない状態でした。

さて、復帰一発目はやっぱり模型ネタで。
停滞していたセイバーです。
あんまり派手なことはしないつもりですが、こういう所をキッチリ処理はしていこうと思ってます。


071101.jpg

向かって左が削り込んでフィン状にしたもの。
フィン自体を作り直すことも考えたのですが、精度と強度を考えると削り込みが手間対効果が最も優れていると判断しました。

がんばるぞ!
posted by kaine at 23:25| Comment(0) | セイバーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

もう一個・・・

結局セイバーのインストが見つからず(つーか、引っ越し後で荷物が片づかないと、探せもしない)、結局もう一体購入。
インストの為ではなく、部品も欲しかったんでイイかなと・・・・(部品は注文でも良かったんだが)
まぁ比較検討用にもう一体あるということで(W

posted by kaine at 23:25| Comment(0) | セイバーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

仮組みを始めたものの

セイバー仮組み始めました。
ところがインストが見あたらない。
まぁMGじゃないから大丈夫だろうと、制作を開始。

・・・・・・

やっぱり変形物はツライね。
内部機構があるものはわかんないなぁ。
インストさがそ・・・・
posted by kaine at 23:25| Comment(0) | セイバーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

次作

まず、HPトップで行っていた当ブログ「ZAREGOTO」の更新お知らせをしばらく中止致します。
何故って?
諸事情ですよ、諸・事・情。
でもブログの更新自体は続けていきますので、よろしくお願いします。

さて、次作です。
ハルマの改修と行きたい所ですが、某コンペネタとして1/100セイバーガンダムの制作を開始します。
期間は約一ヶ月。
ディティールアップが中心になると思います。

で、セイバーを眺めて思ったこと。
メインスラスターってどこ?
posted by kaine at 23:25| Comment(0) | セイバーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。